永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

P1140772.jpg
永田小耳症形成外科には
3月に、またインドからの見学生が来院していた。
形成外科の Sachin Chavre 医師だ。
見学証明書を書いて渡してるところ。

P1140715.jpg
当院へは多くの海外からの医師が永田法の小耳症手術を見学に来院するが
2月にはインドからの見学者が来院していた。

V. V. K. Sandeep 医師 Assistant Professor of ENT
 NRI Medical College INDIA

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 13/April/2018
2nd-stage operation for lobule type microtia


永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2018年4月13日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1140929.jpg
6 months after the 1st-stage operation
 for lobule type microtia
  and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して
  半年前に肋軟骨移植術を行って
    再建した耳介。


P1140931.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。


P1140933.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
    for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。


P1140934.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。


P1140937.jpg
The reconstructed auricle is fabricated.

再建した耳介が立っている。


P1140935.jpg
The reconstructed auricle is fabricated.

再建した耳介が立っている。

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.   10/April/2018
2nd-stage operation for concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2018年4月10日
耳甲介型小耳症の耳立て手術


P1140909.jpg
6 months after the 1st-stage operation
 for concha type microtia
  and reconstructed auricle.

耳甲介型小耳症に対して
  半年前に肋軟骨移植術を行って
   再建した耳介。

P1140911.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1140912.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1140913.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1140915.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1140914.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

4月7日、第27回小耳症説明会が開かれました。

今回は もう新学期が始まっているにもかかわらず、適応年齢の患者さんが何人も。
10才過ぎたら手術ができるのですが、いかんせん、みなさん揃って胸囲が足りない。
今年の手術には、間に合いませんでした。
小耳症の手術は10才を過ぎて、胸囲が60㎝を過ぎたら、というのが条件です。
それにはいろいろな理由があるんですが、院長曰く、医学は科学だそうで、
それ相応の理由があるんだそうです。

また、機会あれば聞いてください。

来月は歯科口腔外科の先生が、所用でお休みです。
歯科ご相談ご希望の方は、ぜひ6月にどうぞ。