FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 9/August/2018
1st-stage operation for atypical concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2018年8月9日
非定形耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術

P1150445.jpg
Preoperative appearance of
  atypical concha type microtia.

P1150446.jpg
Preoperative appearance
  of atypical concha type microtia.

P1150448.jpg
Determine the proper anatomical location
 with transparent film template.

P1150449.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

P1150450.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

P1150452.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
    [3-D frame] and paper template.

P1150454.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap.
Almost remnant ear cartilage removed except tragus.
Skin pocket created.

P1150456.jpg
3-D frame is grafted
 under the skin pocket
   and reconstructed auricle.

P1150457.jpg
At the end of the 1-st stage operation
  with Bolster fixation sutures.


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。
場合によっては再手術を行う可能性もあります。

P1150429.jpg
これまで、このブログで、たびたび紹介しているように
永田小耳症形成外科クリニックには、
世界中から形成外科医が小耳症手術の見学に来院している。

先月中旬から4週間にわたって見学しているのが
向かって右側の Alessandro G. Cusano 医師で、
アメリカ合衆国のジョンホプキンズ大学病院の形成外科医だ。

3週間にわたり見学していたのが
向かって右から2番目の Tania Kraai 医師で、
アメリカ合衆国の New Mexico Health Sciences Center 大学から来院した。

最近は海外からの見学者が特に増加しており、
来週はインドからの医師が来院することになっている。

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 7/August/2018
1st-stage operation for concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2018年8月7日
耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術


P1150435.jpg
Preoperative appearance
   of concha type microtia.

P1150436.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

P1150438.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

P1150440.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap.
Almost remnant ear cartilage removed
  except anti-tragus, incisura intertragica and tragus.
Skin pocket created.

P1150439.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

P1150442.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
   and reconstructed auricle.

P1150444.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。
場合によっては再手術を行う可能性もあります。

8月4日土曜日、第31回小耳症説明会を開催しました。
暑い中、あちらこちらからお集まりいただき、本当にありがとうございました。
今回は珍しく、Baby のいない説明会で、静かな説明会になりました。
おばさんとしては、ちょっとさみしかったけれど、
事務さんがお休みだったので、「一人受付」のこの身としては、
ちょっと安心な説明会でもありました。

帰りは年に一度の戸田市花火大会。
また一年がたったなあと思いながら、
人ごみをかき分けながらの帰宅となりました。

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 3/August/2018
2nd-stage operation for microtia after secondary reconstruction

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2018年8月3日
再々建した小耳症の耳立て手術


P1150426.jpg
8 months after the secondary reconstruction
 for lobule type microtia and reconstructed auricle.

P1150428.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

P1150430.jpg
Superficial temporal artery is already severd.
Deep temporal fascia
   [DTF] is elevated.
Ultra-delicate split thickenss scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block for ear projection is fabricated.

P1150432.jpg
The total suture line.

P1150433.jpg
The reconstructed auricle is projected.

P1150434.jpg
The reconstructed auricle is projected.


このブログの写真は小耳症治療をご理解いただくために、参考資料として掲載させていただいています。
それぞれの症状によって、手術結果は異なりますのでご了承ください。

小耳症手術による合併症
一過性の顔面神経麻痺 浅側頭動・静脈の血行不良による植皮の生着不良 感染 移植軟骨の露出 気胸 術後肺炎 縫合不全 ハゲ 床ずれ その他

上記のような合併症が生じた場合は、症状に応じて対処致します。
場合によっては再手術を行う可能性もあります。