FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and rexconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 20/April/2018
Secondary reconsrtuction of the auricle for microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2018年4月20日
小耳症の再々建手術


P1140957.jpg
This case was already operated
  at University Hospital but unfavourable result.

この症例はすでに某大学病院で
小耳症に対する耳介再建手術が行われたものの
不幸な結果となっている。

P1140959.jpg
 Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムを用いて
耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1140960.jpg
The outline for the secondary reconstruction.
This case is complicated with low hairline.

再々建手術のデザイン。
この症例はローヘアーラインを合併していることがわかる。

P1140962.jpg
The reconsructed auricle is too far
  from normal anatomical position.

再建された耳介の位置は、
正常な耳介と比べて
あまりにも前下方にずれている。

P1140966.jpg
Excised grafted costal cartilage frame [left].
Newly fabricated 3-dimensional costal cartilage frame [3-D frame][center].
Paper template [right].
Note the difference.

摘出した移植肋軟骨フレーム「左」。
新たに作成した3次元肋軟骨フレーム「中央」。
耳の紙型「右」。
形態の違いに注目。

P1140967.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Hair follicle portion removed.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
ローヘアーラインの毛根部を切除した。

P1140970.jpg
3-D frame is grafted
 to the nomal anatomical position of the auricle
  and covered with TPF.

3次元肋軟骨フレームを正常な耳介のあるべき場所に移植してTPFで被覆した。

P1140972.jpg
TPF portion is covered with
  ultra-delicate split thickness skin [UDSTS].

The uneven part of anterior auricle will be
  corrected at the next ear projection operation.

TPFの上には頭皮分奏皮膚を移植した。
半年後の耳立て手術において耳介前方における凹凸の修正を行う予定。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/5367-d115bd81