永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 26/October/2017
Secondary reconstruction operation for atypical concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年10月26日
非定形型耳甲介型小耳症の再々建手術「肋軟骨移植術」


P1140284.jpg
Preoperative appearance
   of atypical concha type microtia.
This patient was already operated
   at another hospital but unfavourable result.

非典型型耳甲介型小耳症の術前。
既にほかの病院で立ち耳の手術を行われたものの不幸な結果となっている。

P1140285.jpg
Lobule and superior portion of the helix defect.
Antihelix is too folded.

耳輪の上方と、耳垂の欠損。
対輪は前の手術によって、あまりにも強く折り曲げられすぎている。

P1140289.jpg
The outline for the secondary reconstruction operation.

再々建手術の切開線デザイン。

P1140290.jpg
The outline for the secondary reconstruction operation.

再々建手術の切開線デザイン。

P1140292.jpg
Almost remnant ear cartilage except antitragus
  is removed and two skin flaps formed.

対珠を除く遺残耳介軟骨を摘出して2つの皮弁を形成した。

P1140291.jpg
Removed remnant ear cartilage [left],
newly fabricated 3-dimensional costal cartilage frame [3-D frame] [center],
and paper template [right].

摘出した遺残耳介軟骨「左」、
  新たに作成した3次元肋軟骨フレーム「中央」。
   そして紙型「右」。

P1140295.jpg
Newly fabricated 3-D frame is grafted
  under the skin flap and reconstructed auricle.

新たに作成した3次元肋軟骨フレーム
を皮弁下に移植して再々建した耳介。

P1140297.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/5288-14d2293b