永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

mmexport1506226844257.jpg

9月21日から25日まで国際耳介再建学会が北京で行われた。
前回はパリで3年前に行われた。

写真は、学会の会場での一コマ。
フランスの形成外科医フランソワーズ・フィアミン「写真中央の女医」が、
書いた本を私に持ってきてプレゼントしたので、私が開けてみているところ。
私に説明しているのがフランソワーズ・フィアミン。
1992年、最初に私の小耳症手術の見学に来院したのが彼女だった。

その女医の左にいる眼鏡をかけた人物が、
永田小耳症形成外科クリニックにへ半年留学して小耳症手術を学んだ中国からの王医師。
現在は、その王医師の所属する大学病院の看護師2名が、永田小耳症形成外科クリニックへ1か月研修に来院している。

その王医師の左にいる人物が、インドの形成外科医師で
永田小耳症形成外科クリニックに2度見学に来院している。

このように、多くの海外から永田小耳症形成外科クリニックへ
かつて見学に来院した形成外科医達と国際学会で一堂に会することも楽しみの一つだ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/5279-9d7a7454