永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

P1120909.jpg
9月23日ロサンゼルス・アメリカ形成外科学会で筆者「永田 悟」は、受講生の前の壇上で
午後1時から4時までの小耳症の3次元肋軟骨フレームの教育コースを行っている。
一通りのスライドでの説明をまず行った。
P1120911.jpg
その後、耳介の再建時に作成する肋軟骨フレームの作り方を
アメリカの形成外科医に学んでもらうために、
筆者が実演している状況をスクリーンに写し出し、
聴講生はそれを見ながら実習を行う。
P1120912.jpg
聴講生達が実習を行っている様子。
P1120917.jpg
わからない点があると、聴講生が筆者のもとへ質問に来て、それに答える筆者。
P1120915.jpg
筆者が3次元肋軟骨フレームを作成している様子。
P1120922.jpg
右は、筆者が作成した3次元肋軟骨フレーム。
左は耳の紙型の設計図、中央は紙型を切ったもの。
P1120916.jpg
実習は3時間の予定だったが実際は4時間を超えた。
P1120918.jpg
聴講生に個別指導を行っている。
P1120921.jpg
聴講生が必死になり始めて、次第に個別指導から集団指導へと変わってくる。
P1120919.jpg
筆者が作成した3次元フレームと、聴講生が作成した3次元フレームの違いを比べて
両者の比較写真を撮影する聴講生。
P1120924.jpg
この教育コースを指導したメンバー。
左は、山田朗医師。中央が筆者「永田 悟」。右はGordon Wilkes 教授「カナダのアルバータ大学」。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/5113-5ef6acdc