永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.   28/August/2015
Clinical anotia complicated with 50% low hair line

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年8月28日
50%ローヘアーラインを伴う臨床的無耳症の肋軟骨移植術


P1110600.jpg
Preoperative appearance of microtia.

小耳症の術前。

P1110601.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

透明フイルムを用いて耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1110602.jpg
The outline for the 1st-stage operation.
Lobule is too far
  from normal anatomical location
    of the auricle.
Clinical anotia complicated with 50% low hair line.

肋軟骨移植術の手術デザイン。
耳垂は遠すぎて使用できない事がわかる。
よって、50%ローヘアーラインを伴う無耳症手術が必要となった。

P1110603.jpg
Normal anatomical position of the auricle.

耳介の正常な場所と大きさを示す。

P1110604.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1110605.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Hair follicle portion is removed.
3-D frame.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
頭髪毛根部を切除した。
3次元肋軟骨フレーム。

P1110606.jpg
3-D frame is grafted
in nomal anatomical location.

3次元肋軟骨フレームを解剖学的に正常な場所へ移植した。

P1110608.jpg
Tragus, antitragus, incisula inter tragica
   and anterior portion of the cavum concha
     are covered with skin flaps.
Upper portion of the 3-D frame
    is covered with TPF.

耳珠、対珠、珠間切痕、耳甲介前方を皮弁で被覆した。
3次元肋軟骨フレームの上方部分はTPFで被覆した。

P1110610.jpg
TPF portion is covered with UDSTS.
Congenital lobule is excised.

TPFの部分を頭皮分層皮膚で被覆した。
元々あった耳垂は切除した。

P1110612.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4909-a241bacd