永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

ギリシャの債務問題や、中国の株下落問題が重なって

世界の経済に大きな影響が出始めている。

1990年代の日本も経験したように、

実体経済を伴わない株の過熱は当然のごとくバブル崩壊を迎える。

特に世界第2の経済規模の中国の経済状態は、隣国日本への影響が大きい。

なぜなら中国との貿易取引が日本は大きな割合を占めるからだ。


国民総生産に比べて借金の割合は、ギリシャより日本のほうが大きい。

ただ、ギリシャと異なり日本は、日本人による借金であり

さらに海外へお金を多く貸し出している国でもあるので、

借金は心配ないという専門家がいる。が、

本当にそうなのだろうか。


海外に貸し出しているお金が日本に都合よい時期に

すんなりと返してもらえない可能性もあるのではなかろうか。

あるいは踏み倒される可能性だってある。

やはり、日本も借金体質から少しずつでも脱却したほうが安全だろう。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4878-2574e0ff