永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

永田小耳症形成外科クリニックでは、年間を通じ

毎週3件の小耳症手術を行い、今年で10周年を迎える。

年に140件の手術を行ってきたので

10年で1400件の小耳症に対する耳介再建手術を行ってきた事になる。

永田小耳症形成外科クリニック開設以前の症例も合わせると、2000例以上になっている。


1992年、アメリカ形成外科学会誌に永田法の論文が掲載されて以来

世界中の形成外科学会に招待講演を依頼されて

デモンストレーション手術や公演を行ってきた。


今年の秋にも、アメリカ形成外科学会で

3時間の「小耳症のインストラクショナルコース」を依頼されている。

また、世界中の形成外科医が永田法を学びに来日してきた。


そして現在も細部にわたる小耳症手術の進歩を行っている。

振り返ると、設立後10年間、あっという間だ。


1992年永田法の論文報告から、23年経過し

ようやく、世界中が永田法に基づいた手術の報告を行うようになってきた。が、

形成外科医にとって、小耳症手術がこなせるようになるためには

芸術的センスのみならず長期学習期間が必要となった。

人間の耳介そのものの形態が、体表の中で最も複雑なのだから。





子どもが永田クリニックにて約10年後の手術を予約しております。
我が子が小耳症で生まれ何から初めてよいのかわからず困ってた時もありましたが、今は希望しかありません。

それは永田先生の手術のクオリティの高さ、熱心な説明、アツい志しを聞いたからかもしれません。
日本中世界中に永田先生を頼りにしている人がたくさんいます、自分達もその1人です。ぜひとも長生きしてください!

2015.07.15 16:07 URL | リリリ #- [ 編集 ]

相変わらず、小耳症手術を行っています。

2015.12.13 10:39 URL | サルトル #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4875-def8afac