永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  1/May/2015
Secondary reconstruction
  for lobule type microtia
   complicated with low hair line


永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年5月1日
ローヘアーラインを伴う耳垂残存型小耳症の再々建術


P1110205.jpg
This case was already operated auricular reconstruction
at another hospital in Tokyo area
for lobule type microtia complicated with low hair line
utilizing sylastic implant but implant is revealed and excised.
The temporoparietal fascia flap is already utilized.
BAHA is insufficient function.

この症例は、ローヘアーラインを伴う耳垂残存型小耳症に対して
シリコン移植による耳介再建術を関東地方の某病院形成外科で行われたものの
シリコンが露出し、シリコン抜去を行医、感染が収まった状態。
すでにTPFまで使われてしまっている。
BAHAを付ける手術を行われたが、それ自身では会話をするには
不十分な聴力しか獲得できていない。

P1110207.jpg
Color unmatched skin is grafted
in post auricular region furthermore pubic hair growth.

耳介後方には、色調の悪い植皮が行われ陰毛が生えている。

P1110209.jpg
Nomal anatomical position of the auricle.

耳介の解剖学的に正常な場所を示す。

P1110210.jpg
The outline for the secondary reconstruction operation.

耳介の再々建手術のデザイン。

P1110211.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1110212.jpg
The deep temporal fascia
  [DTF] is elevated.
Bad color match grafted skin is excised.
Fabricated 3-D frame.

DTFを拳上した。
色調の悪い移植皮膚を切除した。
3次元肋軟骨フレーム。

P1110214.jpg
3-D frame is grafted
in its proper anatomical location
and covered with DTF.

3次元肋軟骨フレームを
解剖学的に正常な場所へ移植し
DTFで被覆した。

P1110215.jpg
DTF portion is covered with skin flaps.

DTFの部分を皮弁で被覆した。

P1110216.jpg
Upper lateral portion of the auricle
  is grafted and covered with split thickness scalp skin.

耳買いの状概則部の非弁が不足する部分へ頭皮分層皮膚を移植した。
P1110217.jpg
At the end of the 1st-stage operation
 with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4847-e6e015bd