永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 18/December/2014
Secondary reconstruction for microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年12月18日
小耳症の再々建手術「作り直し手術


P1100796.jpg
Unfavourable result of reconstructed auricle
already operated at Univercity Hospital in Tokyo area 5 years ago.

5年前に東京地方の某大学病院形成外科で手術を受けたものの
 不幸な結果となっている。
 
P1100798.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

透明フイルムを用いて耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1100799.jpg
The outline for the
  secondary reconstruction operation.

作り直し手術の手術デザイン。

P1100801.jpg
Excised grafted costal cartilage frame. [left]
Newly fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template. [center, right]
Note the difference.

移植されていた肋軟骨フレームを摘出した。「左」
新たに作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。「中央、右」
両形態の違いに注目!

P1100803.jpg
Skin flaps formed.
tragus skin flap,
anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule and
mastoid skin flap. [subcutaneous pedicled skin flap]
upper auricle skin pocket.

皮弁形成を行った。
 耳珠用皮弁、
 耳垂前面皮弁、
 耳垂後面皮弁および
 乳突洞部皮弁、「皮下茎皮弁」
耳介上方皮下ポケット。

P1100805.jpg
3-D farme is grafted
  under the skin pocket
   and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを移植して再々建した耳介。

P1100806.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4772-3a24826b