永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

総選挙が近づいている。

阿部総理政権において、日銀の大量円の発行が行われた結果

円の価値が下がり、円安となった。

円安の結果、株が急騰した状態となっている。

輸出企業にとって円安は、追い風となり、株高はさらに追い風となっている。が

円安の結果、輸入商品が高くなり、輸入食品、ガソリンなどの値上がりが起きている。

庶民や輸入業者にとっては、ダメージが大きい。


政府はインフレを誘導して借金の額を相対的に減少させたいと願っている。

また、年金資金を株投資へ回す割合を増やして資金回収へともくろんでいる。


しかし、少子化の結果、

生産人口が年々減少している日本の現在の状況では

GDPの上昇は、さほど期待できにくい状況だ。


実際に、輸出企業による利益上昇のほうが、輸入企業による損失よりも大きければ

結果的に日本全体の賃金上昇が起こるはずだったが、

輸出企業はすでに工場を海外へ移転しているために

円安メリットが期待したほど無い状態だ。


そのため、消費税増税後の買い控えがいまだ大きくのしかかり

経済収支はマイナスとなって、増税時期が先伸ばしとなった。

その結果、日本の国債の評価が下落した。


実体経済が伸びなければ、円安の負のデメリット方が大きく、さらに

現在心配される中国経済崩壊が引き金の世界恐慌に巻き込まれれば、

世界株安となり日本の年金もダメージを食らう。

増税できなければ

一気に日本の国債の金利が跳ね上がる危険性も否定できなくなる。

すなわちギリシャ経済崩壊と同じことが日本に起きることとなる。

国家予算が立てられなくなると、教員や公務員編お給料が支払われなくなるばかりか

医療も受けることが不可能となる。

人為的な為替操作・金融政策だけで経済が上昇することは無い。


日本国債が信用を無くすと、さらに世界の大恐慌を起こしかねない。

と考えるのは、考えすぎなのだろうか。

アベノミックスは、本当に信用できるのだろうか?













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4765-6d45b6be