永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

P1100703.jpg
写真の向かって右側が、

慈恵医大麻酔科から永田小耳症形成外科クリニックへ

本日小耳症の患者さんの全身麻酔をかける麻酔科の

麻酔専門医師である「トマシュ医師」だ。

彼は、もともとポーランドの医師だったが、

日本へ来日し、日本の医師国家試験を日本語で受けて合格し

日本の東京慈恵医大麻酔科で麻酔科の専門医師となった。

ポーランド語、英語、日本語とも非常に流暢な優秀な麻酔医だ。


写真の向かって左側の女性は、先日紹介したように、

アメリカ合衆国アトランタ子供病院から永田小耳症形成外科へ

留学している形成外科医の「マグダレーナ、ソルダンスカ医師」だが、

彼女も、10歳児まではポーランドに住むポーランド人だった。


という事で、埼玉県戸田市の

永田小耳症形成外科クリニックの手術室で

なんと、2人がポーランド語で会話するという珍事が起きた。


これまでも、多くの形成外科医が世界中から

永田小耳症形成外科クリニックへ見学に来ているが

ポーランド語が飛び交ったのは初めてだ。




このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.02.20 18:15  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4749-416ab6d7