世界中の小耳症患者数

0 0

日本には毎年100人の小耳症患者さんが発生する。


6000出生に1人と言う割合となっている。


非常にまれな疾患と言われている。


世界人口は85億人と言われているので、


世界では少なく見積っても、毎年約700名の小耳症患者さんが、生まれている事になる。


世界の平均寿命を70歳とすると世界では約5万人の小耳症患者さんがいることになる。


こうみると、膨大な人数となる。

ページトップ