永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

P1100552.jpg
アメリカ形成外科学会がシカゴで行われた。
10月10日、Carving a 3-D Ear Framework : A Hands-On Surgical Simulation
「3次元耳介フレーム手技シュミレーション」というタイトルで
私は小耳症耳介再建教育コースを、1時がら4時までの3時間の予定で行った。が、
受講者は非常に熱心で、結局4時間のコースとなった。

P1100553.jpg
教育コースで配られた耳介作成workshopのパンフレット。

P1100554.jpg
教育コースを行う教育者メンバーリスト
私を含めて5名.上から順に
Principal Instructor:永田小耳症形成外科クリニックの永田悟、Satoru Nagata
Course Director:アルバータ大学のGordon Wilkis 教授
          トロント大学シックチルドレン病院のDavid M. Fisher医師
          トロント大学シックチルドレン病院のLeila Kasrai医師
          アルバータ大学のRegan Guilfoyle医師
P1100531.jpg
まず、私が20分ほど「小耳症の手術の実際を講演してから
P1100532.jpg
私は肋軟骨モデルを用いて永田法3次元肋軟骨フレームの作成を実演した。

P1100535.jpg
私が中央前方で肋軟骨フレームを作成し、
アメリカ形成外科医の受講生がそれを見ながら実習を行っている。

P1100536.jpg
私の作成している肋軟骨モデルのフレームが
私の後ろのスクリーンに拡大表示されている。
受講生達はそれを見ながら実習できる。

P1100537.jpg
その間に受講生たちの間へ前述の4名の教育者が添削を行っていく。
という非常に能率の良い教育システムだ。

P1100538.jpg
作成した私の耳介フレーム。

P1100539.jpg
受講生たちは、ほとんどが小耳症治療を
専門として行っている形成外科医たちばかりなので
非常に熱心だ。
私としても教え甲斐がある。

P1100540.jpg
これだけの受講生達のために、道具をそろえたのは
Goldon Wilkes 教授だ。

P1100545.jpg
受講生が、自分の作成した耳介フレームを持参して
私に添削を求めてくる。

P1100544.jpg
私は受講生の間を回りながら細かな指導を行う。

P1100542.jpg
ここをもっと削るようにと指導する私と受講生。

P1100534.jpg













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4718-a3cfbd04