永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日早朝、日本対コロンビアのFIFAサッカーの試合が行われた。

1対4で敗北した。

昨日述べたように厳しい試合だった。


そもそも、C組の4チームの中でFIFAランキングにおいて日本は最下位だった。

日本ではFIFAランキングは、宛にならないというマスコミが多かったが

やはり、それなりの実力の差を的確に示しているものだった。


結局日本は、格上のコロンビアのカウンター攻撃についていけなかった。


前回の南アフリカ大会に比べてヨーロッパ組がはるかに多くなり、

「日本チームは、前回のワールドカップ時より

今回遥かにレベルアップしている」、と言われていた。

ところが前回はグループリーグを突破できたのに対し、

結局今回は1勝もできずリーグ突破する事すらできなかった。


また、そのヨーロッパの国でイタリア、スペイン、イングランド、もすでに予選敗退となってしまっている。


現在のサッカーは、以前と異なりボールコントロール技術のみでなく、

スピードが、より要求される時代となっている。


今後のワールドカップを勝ち抜くためには、

スピード(走力)があるアタッカーの存在が欠かせない。


4年後に向けて日本が取り組むべき強化策は、スピードにある。

世界に比べると日本人は、走力がそもそも不足するのだから

相手の選手を超えたロングパスを渡し、

受けた選手が速攻・少数でシュートを決めきる技術を磨く必要がある。

そのようなスター選手が最低3名必要だ。


オランダのロッぺンはボールを持って走る際に

100メートル走にして10秒2というスピードで相手選手を寄せ付けずゴールを奪った。

日本陸上界100メートル走における一流選手並みのスピードだ。

Jリーグの入団テストに短距離走、中距離走の走力テストも絶対必要だ。

陸上界から人材を引き込むことも必要だ。


さらに、日本は抜本的な選手の若返りに取り組む事も必要だ。

ヨーロッパばかりでなく、強豪南米チームとの試合経験を多く積む事も必要だ。

今回敗北の反省の上に行うべきことは多い。


日本サッカー哲学の独自目標を新たに構築し直して

ぬるま湯のようなJリーグ全体のレベルアップが必要だ。

Jリーグが世界レベルになる事が必要だ。

ヨーロッパ組ばかりでは、国際試合で、

個人の力がチーム全体として発揮できない場合も多い。

アジア選出のチームがことごとく敗退している事から、

アジア全体の底上げがなければ、それ以外の国との他流試合の経験も必要だ。

4年後に向けて全てが出直しだ。

負けた経験を生かす事こそ未来へつながる。



















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4630-cd614ea9