永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日は入院していた小耳症の患者さんが診察後無事退院となった。

その後、リビアから小耳症の患者さんが来院されたので手術法の詳しい説明を行った。

リビアで4回、ドイツで4回の小耳症手術を受けたものの、

不幸な結果となり小耳症の再々建手術を希望しての来院となった。


永田小耳症形成外科クリニックでは、

小耳症の再々建手術を数多く行っているが、国内だけでなく海外からの患者さんが増加している。


なぜならば、従来法であるタンザー法やブレント法では、不可能だった耳介の細部構造の再建までが

永田法では再建可能となっているからに他ならない。


現在の小耳症手術は、世界中で永田法が主流となっているため、

困難な再々建手術の症例に遭遇した各国の形成外科医達が当院を紹介し、

患者さんは、わざわざ海外から来日して来る事となっている。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4578-bd0e5d27