永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru nagata, M.D., Ph.D. 13/February/2014
Costal cartilage graft for Judo ear

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年2月13日
柔道耳の肋軟骨移植術


P1090612.jpg
The traumatic auricular deformity
  caused by aggressive contact sports judo.
The preoperative appearance is shown.
This patient was already operated
  at hospital in Tokai area,
   but unsatisfactory result.

柔道耳の術前。
この症例は東海地方の某病院ですでに手術を行われたものの、
不幸な結果となり、永田小耳症形成外科クリニックで再々建手術を行う事となった。


P1090613.jpg
Anterior skin flap of the auricle,
posterior skin flap of the auricle are elevated
from the same old incision line
   and ear cartilage exposed.
After excision of the regenerated thick auricular cartilage.

以前の切開線と同じ切開を行って耳介前面皮弁と耳介後面皮弁を形成し
耳介軟骨を露出し、肥厚した再生耳介軟骨を切除した。

P1090614.jpg
Newly fabricated costal cartilage frame [center].

中央は新たに作成した肋軟骨フレーム。

P1090615.jpg
Newly fabricated costal cartilage frame is fixed to
auricular cartilage utilizing 38-gauze wire sutures.

新たに再建した肋軟骨フレームを耳介軟骨にワイヤー固定した。

P1090616.jpg
Auricular and costal complex cartilages grafted
in posterior skin frap of the auricle.

耳介肋軟骨混合一体型フレームを耳介後面皮弁に移植した。

P1090617.jpg
Cartilage frame is coverd with anterior skin flap of the auricle.

耳介前面皮弁で軟骨を被覆した。

P1090618.jpg
The appearance
  at the end of the operation
    with Bolster sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4523-7ee8bc72