永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日も、小耳症で初診の患者さんが来院された。

すでに某大学病院で手術を行われたものの不幸な結果となった患者さんだった。

当院では、小耳症に対する再々建手術も数多く行っているが

小耳症そのものの手術が困難な手術なので

再々建手術は当然さらに困難な手術である。


昨日も再々建手術の患者さんの耳立て手術を行った。が、

やはり手術は困難だった。


従来法で手術をすでに受けられた患者さんは

再々建手術が可能ではあるが

小耳症手術そのものが、そもそも困難な手術である事を考えると

初回手術をどこで受けるのかが最も重要だ。


さらに非常にまれな疾患であるから、

手術経験豊富な医師がほとんどいないのも実情だ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4507-caa2d577