永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

慌ただしい11月もやっと終盤に入った。
私にとって、12月より、むしろ開院記念日のある11月こそが、師走みたいなもの。

避難訓練あり、インフルエンザの予防注射あり、健康診断あり。

今年は福岡で有床診療所の火事があり、気の毒にも亡くなった方が出て、
いつも以上に消防訓練は忙しかった。

例年にはない立ち入り検査が、消防署と県からと2度もあり、
保健所からは、アンケート用紙が送られてきた。

特に大きな問題点もなく、無事に終わったが、
クリニックでも夜間の見回りや、点検など、今まで以上に気を付けていきたいと思っている。

さて、残るは健康診断。

今日はついに最後の大物。
院長の健康診断の日。

院長は、近くの○○病院で、毎年健康診断を受けているのだが、
今年は私は何かの祟りか歯痛のために、歯医者の予約を入れており、
院長を連れて行くことができない。

院長は、なんせ自分はどこも悪いところはないと、信じ切っているので、
下手すると忘れているか、
診察も受けずにトンずらするか、
  (回診があるだろうという)
不安なので、ナースさんや事務さんにくれぐれもよろしくと、頼んでおいた。

今朝は無事に、ナースのIさんに、病院まで連行されているはずだ。

少なくとも患者さんたちに迷惑かからないよう、自己管理に気を付けてほしいものだが、
これがなかなかに難しい。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4464-c6ac8b9c