永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

アロエのお母さんへ。

母の愛は院長をも軽く超える。
ここにいると、いろんな母がいるけれど、
すべての母ってほんと強いなあと思います。
お嬢さんの次回の入院も、楽しみにしています。

ところで、
夏休みも残すところ、わずかとなってきたね。
入院中の子供たちは、宿題終わったろうか。

私の見るところ、がやがやと頭突き合わせて、ゲームして、楽しそうだ。
宿題、してる子なんて、いるのかな。

手術の翌日は、ちょっと大変だけど、
その翌日は元気になって、
子供たちは3日目からは「ふつう」と言っているから、
1か月の入院中に、毎日勉強したら、退院のときは天才になってるかもよ。

でも、そんな子はたまにはいるけど、
ほとんどはここぞとばかり、
毎日楽しく過ごしています。

先日は、遅くまで起きてる競争をやってるとか、聞いたけど、
ここは、毎日修学旅行じゃないんだゾウ。

規則正しく生活して、きちんと傷を治して帰りなさい。

手術の翌日はご家族は心配で、
痛がって泣いているんじゃないかしらと、
朝早くからおいでになるが、
ご本人はけっこうすたすた歩いたりされるので、
たまに拍子抜けされたりもする。

中には一人で頑張っていたのに、お母さん顔を見た途端、泣き出すのもいるし、
泣いたり笑ったり、それぞれの入院生活。

無事に元気で、退院できますように。
















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4360-30d5f35c