永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

コンフェデレーション杯・

日本対ブラジル戦は3-0で完敗したものの

イタリア戦においては4-3で、善戦した。

特にイタリア戦においてシュート数では日本17に対しイタリア13と、

シュート数では上回っていた。

プロサッカーが組織されてから日本も次第にレベルアップしてきたのだが、

世界の頂点に至る道は、まだ険しい。

なんといってもシュートの決定力とあと一歩のドリブル個人技のわずかな不足。

今一歩のところまで来ている。

さあ、メキシコ戦はいかに?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4297-085d52ba