永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

先日、久しぶりに病棟勤務。

朝も早くから男子たちが集っている。

ナースの申し送り(業務の引き継ぎ)が終わって、
まずは当日手術の患者さんを、手術室までご案内。

早速に検温から取り掛かるのだが、集った男子たちが、区別がつかない。

みな青いシマシマパジャマに坊主刈りのネット頭。
ゲームに夢中で下を向いて輪になっているから、
多少の凸凹はあるのだが、みな同じに見える。

仕方ないので一人づつ、点呼しながらの検温。

いちに、さんし・・・全部で6人。

あれ?一人足りない。

もう一人はどこ?

以前何人か足りなくて、探し回ったら3人まとめてシャワーを浴びていた。
ドアの向こうから実に楽しそうな叫び声。

叱ったら、
「なんでいけないの?」という顔。

いけないよ、シャワー浴びながら楽しくはしゃぎまわっって、
ガーゼが濡れたらどうするの。

というわけで、ときどき数を数えることにしている。

もう一人は、トイレで見つかった。

まるで小学校低学年の遠足みたい。

いちに、さんし・・・あ、また一人足りない。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4290-9dbeaf0d