永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

先週は円安が進み、株価が下がってきた。

アベノミックスの先行き不安が見え始めた。

実態を伴わない大規模な金融緩和の副作用が心配される。

世界経済は、相互に瞬時に影響を及ぼしあう時代となっているので

いくら金融政策を行っても、日本だけが浮上していく事は不可能だ。

むしろ金融政策が大規模であればあるほど、

アメリカなどはその一時的効果を逆手にとって日本金融業界からの利ざやを稼ぎ

奪い取ってしまうだけの結果となっている。

このような事は、これまで何度も経験してきたはずだ。が、

また同じ事を繰り返しているだけのように見える。

世界で最も高齢化が進み生産人口の割合が減少していく一方の日本が

劇的な経済復活を行うのは困難と言わざるを得ない。

これまで考えられてきた常識を変えるよう

生産人口減少を食い止めるような転換が必要だ。

つまり元気な老人は現役として死ぬまで働き続け、税金を払い、

女性も、海外のように積極的に労働を増加する事ができるような政策の転換が迫られている。

さらに海外からの人や頭脳流入も必要だ。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4281-f7b86482