永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D. Ph.D. 30/April/2013
2nd-stage operation for microtia complicated with low hair line
after secondary reconstruction


永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2013年4月30日
ローヘアーラインを伴う小耳症の再々建した耳介の耳立て手術


P1050307.jpg
This case had already operated twice
at university hospital in Kansai area,
 and had another operation at hospital in Tyuugoku area.
But unfavourable result.
The preoperative appearance of secondary auricular reconstruction.
2/October/2012

この症例は関西地方の某大学病院形成外科で2回、
さらに中国地方の某病院で1回の
小耳症に対する耳介形成手術を行われたものの不幸な結果となり
2012年10月2日、当院で再々建手術を行った。

P1060648.jpg
30/April/2013
After secondary reconstruction, the reconstructed auricle.

2013年4月30日。再再建された耳介。

P1060649.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1060652.jpg
The elevated deep temporal fascia flap [DTF].
Ultra-delicate split thickness scalp skin [UDSTS] is harvested.
The costal cartilage block for ear projection is fabricated.

DTFを拳上した。頭皮分層皮膚を採取した。耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1060655.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1060654.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1060653.jpg
The total suture line.
The swelling will go down during the hospitalization.

縫合線の全体像。
耳の腫れは入院中に引く。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4235-a12e935e