永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

先日の爆弾低気圧。
激しい南からの大風で、家中がゆれた。

お母さん、雨漏りだよ。
と3男の悲しそうな声。

走っていくと、パソコンキーボードの上に、ポタポタ雨粒が落ちている。
見上げると天井から雨漏りが…

ああ、フルヤノモリダ。怖い怖い!

人も年を取ったが、家も年を取った。
家を見れば、自分がどのくらい年を取ったか、わかるというもんだ。

最近はヒノキが厳しいので、
今日は家から出かけないで一日いえにひきこもり。

お昼はちらしずしを作って、テレビを見ながらひとりで食べる。
ケーブルテレビで、昭和の映画を見て、
高校生の吉永小百合の可愛さに感動する。
武井 咲よりずっとかわいい。 

戸棚の整理をする。
昔の書付が出てきた。
歌の歌詞が書きつけてある。
イラスト入りだ。
失恋の歌ばかり。
私も、若いときが、あったということか。

息子が生まれた時にもらったカードや、手紙も取ってある。
私でも、捨てないものが、あったんだわ。
ちょっと、びっくり。

クリニックでもらった手紙も、
あと25年後に読んだとすれば、やはり宝物。

25年後というと、私はその時、85歳!














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4216-47b8d82a