永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

12月9日、関東地方は、寒いものの快晴となった。

来週の選挙戦に向けていろいろな政党が乱立している。

政党が多すぎて、主義主張もばらばらだ。

どこを選択すべきか?わからない、という人が多い事だろう。


日本経済が悪いという割には、

関東地方は、マンションの新規建築が目白押しとなっている。

消費税増税の前の駆け込み需要を見越しての事でもある。

が、本質的には地方都市が人口減少となっているのに比して

東京近郊の都市は、まだ人口増加傾向にある。


貿易収支は赤字でも、日本は海外に貸しているお金の金利、利子が膨大に入っている。

また、日本企業が海外企業を買収する件数も、

バブル経済の時と同様の最多に近いと言う。


かつての日本は国民総中流と言われていたが

現在の日本はアメリカに次いで格差社会と言われるようになった。

国際競争に勝ち抜いた企業はますます富を蓄え、

競争に負ける企業は消滅して行く。

勝ち組企業の社員の給料は増加せず、会社にのみ金余りとなっている。

その資金が買収に使われており、必ずしも日本国民が恩恵を受けるわけではない。


金利が膨大に入って来るという事は、

働かずして稼ぐ資金が入っているという事だ。

このような歪んだ不健全なお金が日本に永遠に入り続けるわけがない。

いずれにしても一握りの資本家のみへ向かって

さらに資金が流入している。


画一的な教育では、世界に打ち勝つ事ができない社会となった。

















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4102-c1e5648d