永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日は、インドで小耳症の手術を行われたものの不幸な結果となり
永田小耳症形成外科クリニックで、1回目の肋軟骨移植術の再々建手術を行い、
2回目の耳立て手術後、退院した患者さんが、
7か月を経過し外来に経過を見せに来院された。
インドからの来院で日本は冬となっていたので、患者さんは寒かったと思う。
経過は順調だった。

P1030781.jpg
インドで耳垂残存型小耳症に対して耳介再建手術を受けたものの
不幸な結果となっていた。

Operated in India for lobule type microtia but unfavourable result.

P1050500.jpg
永田小耳症形成外科クリニックで、再々建手術を終了して7か月後の状態。

7 months after the secondary reconstruction operation
at Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic in Japan.


その後、小耳症で入院中の患者さん達の包帯交換を行った。
また、明日小耳症で肋軟骨移植術予定の患者さんが入院となった。

午後からは、小耳症外来の時間帯となった。
小耳症で再診の患者さん達数名の診察を行った後
小耳症で初診の患者さんが来院されたので
手術法の詳しい説明を2時間ほどかけて行った。
また、さらに小耳症で再診の患者さんの診察を行った。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4091-8f7c4c13