永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata,M.D.,Ph.D     28/aug/2012
1st-stage operation
for lobule type microtia complicated with anterior tilted lobule


永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2012年8月28日
前傾耳垂を伴う耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術

P1050186.jpg

The preoperative appearance
of the lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1050187.jpg

Determine the proper anatomical location
during the first stage operation
 with the transparent film template.
The outline from the film template
is traced unto the patient.

正常な耳の場所を決定するために
透明フイルムに印刷されている本人サイズの設計図を用いる。
設計図を顔に写し取る。

P1050188.jpg

The outline for the reconstruction
of the auricle.
Note the anterior tilted lobule.

耳介再建の手術デザイン。
前傾耳垂に注意。

P1050189.jpg

The fabricated
3 dimensional costal cartilage frame
[3-D frame] and the paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1050190.jpg

The four skin flaps formed
[anterior and posterior skin flaps of the lobule,
tragus skin flap and the mastoid skin flap].
The remnant auriculae cartilage is
to be completely removed and skin pocket created.

4枚の皮弁を作成し、遺残耳介軟骨を完全に摘出し皮下ポケットを作成した。

P1050191.jpg

The 3-D frame is grafted under the skin pocket
 and the reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1050192.jpg

The appearance
at the end of the first stage operation
with bolster sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術を終了した。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4008-83ba4497