永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata,M.D.Ph.,D.
lobule type micritia complicated with low hair line

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2012年8月23日
ローヘアーラインを伴う耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術

P1050163.jpg

Preoperative appearance of a lobule type microtia
complicated with low hairline.

ローヘアーラインを伴う耳垂残存型小耳症の術前。

P1050164.jpg

Determine the proper anatomical location
with the film template.

本人サイズの透明フイルムに印刷してある設計図を用いて
耳介があるべき場所を決定する。

P1050166.jpg

The outline for the 1st-stage operation.
Greater than 50% of the surgical site
for auricular reconstruction penetrates
into the hair-bearing skin.

耳介再建のための手術デザイン。
耳を再建すべき場所の上方50パーセント以上に髪の毛が生えている。

P1050167.jpg

The fabricated
costal cartilage frame [3-D frame]
and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1050169.jpg

The elevated temporoparietal fascia flap [TPF].
Ultra-delicate split thickness scalp skin [udsts] is harvested.
The hair follicle portion is excised.
Skin flaps formed.

TPFを拳上した。
頭皮分奏皮膚を採取した。
耳が存在すべき場所の毛根部を切除した。
耳垂を分割皮弁とした。

P1050170.jpg

The 3-D frame is placed
in its proper anatomical location.
The lower half of the 3-D frame
is covered with skin flaps.

3次元肋軟骨フレームを耳介が存在すべき場所へ移植し
下半分は皮弁で被覆した。

P1050171.jpg

Upper half of the 3-D frame is covered with TPF.

3次元肋軟骨フレームの上半分はTPFで被覆した。

P1050174.jpg

TPF is covered with UDSTS.
TPFの上に頭皮分層植皮を行った。

P1050175.jpg

The appearance at the end of
the 1st-stage operation
with Bolster sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/4003-6409336c