永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

7月27日午前中、成田からジェット機で夕方シンガポールへ到着。

荷物を持ったまま空港に迎えに来られて、夕食の会場へ到着。

P1050062.jpg

夕食会の会場。

P1050061.jpg

子供チームの演奏が奏でられた。

P1050063.jpg

「シンガポール・パーカッション・バンド」
難聴の子供達ばかりで構成されるバンドで、演奏者は全員補聴器をつけている。


夕食会がすみ、その夜は学会会場のホテルで宿泊、7月28日となった。

P1050064.jpg

7月28日土曜日、シンガポールで行われた「アジア太平洋難聴学会」
招待講演の会場で講演前。
講演会場は、多くの花でぎっしりと飾られていた。

ここで小耳症に伴う難聴および、耳介再建術について
2演題を計1時間10分講演した。

P1050066.jpg

講演後の記念写真を撮影している所。
前列中央に座り講演後いただいた記念の色紙を持っているのが私。

難聴に関するあらゆる演題の討論を行う学会だ。
シンガポールは時差が1時間しかないので助かった。

私は7時間半ほどで到着できたが
欧米からの出席者は18時間ほどかけて到着した医師が多かった。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/3975-fbb3468e