永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata,M.D.,Ph.D. 20/July/2012
clinical anotia with 100% low hairline

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2012年7月20日
100パーセント・ローヘアーラインを伴う臨床的無耳症

P1050029.jpg

Preoperative appearance is shown.
Clinical anotia complicated with low hairline.

術前、臨床的無耳症にローヘアーラインを伴っている症例。

P1050031.jpg

Determine the proper anatomical location
during the first stage operation
 with the film template.

透明フイルムに印刷された設計図を用いて正常な耳の場所をデザインする。

P1050032.jpg

The outline for the first stage operation.
Normal anatomical position of the auricle in red.
As shown here, 100% of the surgical site
of the auricle penetrates
into the hair-bearing skin.

手術デザイン、正常な耳が存在すべき場所の100%に、髪の毛が生えている。
すなわち100%ローヘアーライン。
耳垂の場所は前方過ぎて使えないので、臨床的には、無耳症という事になる。

P1050035.jpg

Fabricated 3 dimensional costal cartilage frame
[3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1050034.jpg

Temporoparietal fascia flap [TPF] is elevated.
Haervested ultra-delicate split thickness scalp skin [UDSTS].
The hair follicles in the area
for auricular reconstruction
are excised.
3-D frame.

TPFを拳上した。
薄い頭皮皮膚を採取した後、耳が存在すべき場所の毛根部を切除した。
3次元肋軟骨フレーム。

P1050037.jpg

3-D frame is placed in its
proper anatomical location.

3次元肋軟骨フレームを耳が存在すべき場所へ移植した。

P1050039.jpg

3-D frame is covered with TPF.
Lobule is excised.

3次元肋軟骨フレームをTPFで被覆した。
耳垂を切除した。

P1050040.jpg

TPF is covered with UDSTS.
The reconstructed auricle.

TPFを薄い頭皮皮膚で、被覆した。
再建された耳介。
P1050041.jpg

The appearance at the end of the operation
with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術が終了した。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/3968-9b42ae1c