永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata,M.D.Ph,.D.   21/June/2012
secondary reconstruction for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック  ・永田 悟・ 2012年6月21日
耳垂残存型小耳症の再々建手術

P1040909.jpg
This case had the first stage operation at another hospital.
Unfavorable primary auricular reconstruction result.

すでに、中部地方の某病院形成外科で耳垂残存型小耳症に対し
耳介の再建手術を受けたものの不幸な結果となった。
永田小耳症形成外科クリニックで
「耳介の作り直し手術」を希望されて来院した。

P1040910.jpg
The outline for the secondary reconstruction operation.
Note that the previous auricle
was reconstructed anterior
to the normal anatomical location.

耳介作り直し手術のデザイン。
正常な耳の大きさと場所を赤で示す。
以前に再建された耳の場所は正常より前方すぎる。

P1040911.jpg
Paper template.(left)
Newly fabricated 3-dimensional costal cartilage frame [3-D frame].(center)
Harvested grafted frame.(right)
Note the difference.

紙型「左」。
新たに作成した永田法の3次元肋軟骨フレーム「中央」。
摘出した肋軟骨フレーム。
両フレームの形態の違いに注目。

P1040912.jpg
The temporoparietal fascia flap [TPF] is elevated.
Skin flaps formed
 [anterior skin flap of the lobule]
[posterior skin flap of the lobule]
[tragus skin flap]
[upper auricle skin flap].

血管膜「TPF」を起こした。
皮弁を作成した。

P1040913.jpg
3-D frame is grafted to its proper anatomical position.

3次元肋軟骨フレームを移植する。



P1040914.jpg
Lower half of the 3-D frame is covered with skin flaps.
Upper half of the 3-D frame is covered with TPF.

3次元肋軟骨フレームの下半分は皮弁で被覆した。
3次元肋軟骨フレームの上半分はTPFで被覆した。

P1040916.jpg
TPF is covered with auricular skin flap
which is almost a full thickness skin.

上半分のTPFで被覆した部分の上を、ほぼ全層植皮と同じ厚さの耳介皮弁で被覆した。

P1040918.jpg
The Bolster suture fixation.

ボルスター縫合固定を行い、手術を終了した。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/3940-e3fc8b6b