永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

先週の土曜日、親戚のトルコの患者さんのために、
日本に18年住んでいるというトルコの人が、来院された。

日本語は、5、6割理解できるという。

日本語でいいとおっしゃるので、
カルテを作るためにいろいろと質問したら、
どうも心許ない。
日本語と、英語の単語をちゃんぽんにしたら、
ますます意味不明になったようだ。

なんとかカルテを印刷し終えて、思ったのだが、
インドのタクールさんたちが、
私のつたない英語を聞いていて、
たぶんこんな不安定な気持ちだったんだろうなと、
いまさらに気の毒だったなあと、思った次第だ。


来週にはインドネシアから術前検査にまた一人見えるので、
さて、どうなるか?

2時間半の説明を聞いて帰るとき、
トルコの人は私に、
「英語が喋れるか?」
と聞いてきたので、
「ダメダメ」と答えると、
今度は事務さんに、
「英語が喋れるか?」
と聞いている。

事務さんが、
「喋れない」と答えたので、
私が、
「日本語は上手ですよ」と言ったけど、
冗談は全然通じないで、
怪訝な顔をされただけだった。

トルコの人って、冗談が通じないのか、
さもなくば、私が不謹慎だったのか、
ちょっとだけ悩んだ土曜日の午後だった。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/3929-36c26437