永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日は午前中、

海外の形成外科医からのメールに対する返事を出した後

入院中の小耳症患者さん達の包帯交換を行った。

皆順調な経過をたどっている。


包帯交換中に、明日小耳症で手術予定の患者さんが入院となった。

明日の手術は、

中国地方の病院で小耳症に対する耳介再建手術を3回行われたものの

不幸な結果となってしまった患者さんに対する耳介の「再々建手術」を予定している。

だから、明日も長時間の手術となる。


とにかく日本中から耳の作り直し手術を求めて

当院へ来院される患者さん達が後を絶たない。

このブログをさかのぼって見ると、この事実が良くお分かりになる事だろう。


小耳症手術は術者や手術法の違いによって、

再建形態レベルが、あまりにも異なりすぎるため、

本年オーストラリアで行われた国際小耳症学会では

再建された耳介形態の統一評価基準を作ろう」と言う意見が出ている。


午後からは、小耳症で再診の患者さん達の診察を行った。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/3908-0aa3a829