永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日は関東地方では午前7時38分ごろ金環日食となった。

当院に入院中の小耳症の患者さん達は、病室から皆で観察したそうだ。

私は医局のテレビを、ライブで見ていた「笑」。

医局の外は僅かに暗くなった様ではあった?


月が地球に近く完全に太陽が隠れる日食の場合は、夜みたいに暗くなるのだが

月が地球から遠い今回の日食では、

太陽が完全に隠れるわけではないので明るさがあまり変動しない。

天文学の理論が常識の人にとっては、驚きに値しない現象だ。


本日が日食の日と知っている人間達だけは騒いでいたが、

さほど暗くはならないので動物園の動物達は、ほとんど特別な反応はしなかったようだ。


さて5月21日の本日は午前中、

小耳症で入院されていた患者さんが診察後無事退院となった。

その後、明日小耳症で手術予定の患者さんが入院となった。


さらに入院中の小耳症の患者さん達の包帯交換を行った。

月曜日の本日は抜糸の日にあたる患者さんが多いので

包帯交換だけで2時間を要した。


午後からは、来週小耳症手術予定の患者さん達3名の

全身麻酔用術前検査を行った。

他に小耳症で再診の患者さん達の診察を行った。


明日は、中部地方の某大学病院で、かつて耳垂のみを後ろに移動するという

従来のタンザー法の1回目の手術「永田法では不要な手術」を

すでに行われていた小耳症の患者さんに対して、

半年前に当院で肋軟骨移植手術を行い

再建された耳介の耳立て手術を予定している。


















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/3906-8ff2e6c3