永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

雨の月曜日。

これだけ雨なら、花粉もとばず、
傘をさして、雨の中、お使いに出かけたら、
ご近所さんの庭は、春花盛り・・・。

菜の花や、タンポポの黄色、スミレの紫など、
道端の小さな草花さえ、目に染みるようだ。

花は色を愛でるものなのね・・・

ぺんぺん草や小さな雑草なども生い茂って、
それぞれに個性を主張しているのが、
たくましく、力強い。

なんだかやる気が出るなあ!

先日の大雨で、
 ー最近雨、ひどいよねー
またまたトイレが雨漏りで、
 -えっこの前直したばかりだよー
きのうT業者さんがきてくれて、修理をしていってくれた。

以前、
と言っても25年も前になるが、
この家を建ててくれた大工のTさんが、今はリタイアして息子さんが代替わり。

Tさんは屋根から落っこちて今は杖が手放せないのだが、
息子さんが仕事に来るときは一緒にバンに乗ってくる。

昨日も一緒にやってきて、息子の仕事を眺めたりしていたが、
やっぱりもともと働き者だったので、
じっと見ていられないらしく、
なんだかごそごそやっていた。

花粉が飛んでいる3月から5月の連休までは、
私は家の窓は開けないし、
外出も最小限。
庭の草取りなどとんでもない。

今時はすべての草木が勢いづいて、
もちろんうちの小さな庭も草ぼうぼう。

Tさん気になったと見えて、あちこち草をむしっていった。

アルストロメリアの新芽も、キバナコスモスの新芽も、
みんなむしっていった。

むしっていった草のなかに、毎年ピンクの花を咲かせていた、
ヒヤシンスの球根も、ごろりと転がっている。

お。おい!

しかし何も言うことができず、
彼らが帰った後で、
また花壇にシャベルで穴を掘って、球根を埋めなおしたのだが、
来年は花を咲かせてくれるだろうか?

今日の雨は、球根にとって、恵みの雨になるに違いない。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/3879-036dcc7e