永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic     
      Satoru Nagata ,M,D.,Ph.D.

       21/February/2012

P1040367.jpg
The reconstructed auricle for lobule type microtia 6 months before.

耳垂残存型小耳症に対して半年前に再建していた耳介。

P1040368.jpg
The incision outline for ear projection operation(2nd-stage operation).
The zigzag line is for the elevation of the TPF(temporoparietal fascia flap)
and the spindle-shaped area outlined is for the harvesting
of the UDSTS(ultra-delicate split thickness scalp skin).

耳立て手術のデザイン。
ジグザグ線は血管膜「TPF」を起こすための切開線。
紡錘形の部分からは超薄い頭皮の皮膚を採取する。

P1040369.jpg
The elevated TPF and the havvested UDSTS.
The costal cartilage block is fabricated as a multilayered construct.

血管膜「TPF」を拳上し、薄い頭皮皮膚「UDSTS」を採取した。
2本の肋軟骨を組み合わせて、耳を立てる支えとするための肋軟骨ブロックを作成した。


P1040372.jpg
The projected reconstructed auricle.

再建された耳が立っている。

P1040371.jpg
The projected reconstructed auricle.
 
再建された耳が立っている。

P1040370.jpg
The suture line.

縫合線。耳の腫れは入院中にひく。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/3810-72040c87