永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

地球温暖化防止のために

二酸化炭素や自動車の排気ガスなどを減らそう世界での会議が行われてきたが、

今年の冬は異常に寒い。


日本海側では大雪での被害が続出している。

ヨーロッパでは凍死者が多く出ている。


これだけ寒いと、地球温暖化という説は間違いなのだろうと疑ってしまう。

北極の氷が解けて少なくなっていたが、

今年の寒い冬、再び氷が増加しているのでは?と思ってしまう。


人類が人工的に発する排出ガスの増加ごときなどで

地球の気温が本当に上昇してしまうほど影響を与えるなんて考えるのは

人類の自然の力へ影響力の思い上がりなのではないか?


自然の回復力は人類が思っているより遥かに偉大なのではないのか?


地球の温度変化は、太陽が発するエネルギー変化の影響のほうが、

桁が異なるほど、遥かに大きいのではではないのだろうか?

人工的に僅かに増加した二酸化炭素などは

簡単に大海に溶けて吸収されてしまう程度ではないのか?

などなど、疑ってしまうのは私だけだろうか?













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/3801-1ff00710