永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日は12月18日、本年も残りあと2週間を残すのみとなった。

激動の2011年だった。


3月11日なんと1000年に1度という

マグニチュード9という大地震に襲われた東日本。

関東地方でも大きく大地が揺れた。

永田小耳症形成外科クリニックでも大きく揺れ、エレベーターが止まった。

幸いにも当院には、それ以外特に異常は無かったのは幸いだった。が、

未だに震災に関するニュースが流れ続けているので、

3月11日から時間が止まっているようにも感じられる。

が、確実に時は経過していた。


これまで幾たびも大災害からよみがえってきた日本。

しかし原発事故による完全な復活には30年以上の時間を要する。


あまりにも長い時間がかかることとなった。

原発の安全神話は、完全に崩れ去った。


世界初の戦争の武器である原爆の被災国である日本が

皮肉にも平和利用であるはずの原発事故に遭遇した。


放射線量で比較すると今回のほうが400倍も多いと言う。

今後長期にわたり放射能による影響をチェックしなければならない。

まず、放射能による癌の発生時期は、5年後が問題の時期となる。
























管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/3741-6a385242