永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

DSC04052.jpg


今日はイギリスの隣の国、アイルランドの形成外科医が


永田小耳症形成外科クリニックの小耳症手術を見学に来られた。


なんと、今日が68歳の誕生日だと言う事である。


とてもそんな歳には見えない。


朝9時から夜の9時まで見学した。


 


68歳と言うのに研究心が、旺盛だ。


私の手術を見ながら数多く写生していた。


 


スケッチは正確で、非常にうまかったが。


私の前回の手術記載を見て、さらに、


あまりにも写実的に正確に書いてある事に驚いていた。


それにしても、日本人の68歳とは全く違った勉強熱心な人物だった。


 


ドイツに、何回も勉強にいった経験のあるドクターで、


レックリングハウゼン大学にいるシーゲルト教授からの勧めで


私の手術を見学に来たのだ。


 


シーゲルト教授は、かつて、リューベック大学で助教授だった。


そのときに、リューベック大学が主催して国際小耳症学会を行ったのだが


私はそこで、1997年に小耳症の招待公演と、デモンストレーション手術を行った。


 


そして、シーゲルト教授は、私の小耳症手術の教え子なのだ。


現在はヨーロッパの形成外科の学会での幹部となり


公私共に大変忙しい仕事を行っている。と


今日見学に来られた先生から聞いた。


来月にはエジンバラでの、国際耳再建学会で再会する。


 


 


 


 













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/tb.php/1164-14cf8258