FC2ブログ

永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 28/December/2017
Secondrary reconstruction of the auricle for microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月28日
小耳症の耳介再々建手術


P1140512.jpg
This case was already operated
 for small concha type microtia
  4 times at university hospital in Kanto area
   but awful terrible result.
Preoperative appearance
   unfavourable result
    of reconstructed auricle.

この症例は小耳甲介型小耳症に対し、
 去年、関東地方の某大学病院で
  4回もの手術を受け、悲惨な結果となり
   永田小耳症形成外科クリニックでの
    作り直し手術を行う事となった。
術前の状態。

P1140514.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1140519.jpg
Indicate the normal anatomical position of the auricle.
Reconstructed auricle is too large.

正常な場所にあるべき耳介の位置を示す。
再建された耳介が大きすぎる。

P1140513.jpg
The outline for the secondary reconstruction.

再々建手術のデザイン。

P1140520.jpg
The temporoparietal facia flap
   [TPF] is elevated.
Color unmatched grafted skin is excised.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Skin flaps formed,
 anterior skin flap of the lobule,
 posterior skin flap of the lobule,
 mastoid skin flap,
 tragus skin flap,
 upper anterior ear skin flap.

TPFを拳上した。
耳の外側の色調の異なる移植皮膚を切除した。
頭皮分層皮膚を採取した。
皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁および乳突洞部皮弁。
  耳上部前面皮弁。
  耳珠用皮弁。

P1140522.jpg
Excised grafted costal cartilage frame [left].
Newly fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] [center].
Paper template.

移植されていた肋軟骨フレームを摘出した「左」。
新たに作成した永田法の3次元肋軟骨フレーム「中央」。
本人サイズの耳の紙型。

P1140523.jpg
3-D frame is grafted
  and lower half is covered with skin flaps.
UDSTS is harvested.
Color unmatched grafted skin is excised [Debriedment].

3次元肋軟骨フレームを移植して
  下半分を皮弁で被覆した。
頭皮分層皮膚を採取した。
色調の異なる移植された皮膚を切除した。

P1140524.jpg
Upper half of the 3-D frame is covered with TPF.

3次元肋軟骨フレームの上半分をTPFで被覆した。

P1140528.jpg
TPF portion is covered with
 upper anterior ear skin and UDSTS.

TPFの部分を、耳上方前面皮膚と頭皮分層皮膚で被覆した。

P1140529.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 26/December/2017
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月26日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1140505.jpg
6 months after the 1st-stage operation
 for lobule type microtia
  and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して
  半年前に、肋軟骨移植術を行って
    再建した耳介。

P1140506.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1140507.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
   for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1140508.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1140510.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1140509.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 22/December/2017
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月22日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1140496.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for lobule type microtia
    and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して
 半年前に肋軟骨移植術を行って
  再建した耳介。

P1140497.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1140499.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.

TPFを拳上した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。
頭皮分層皮膚を採取した。

P1140501.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1140503.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1140504.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 21/December/2017
2nd-stage operation for microtia complicated with low hairline

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月21日
ローヘアーラインを伴う小耳症の耳立て手術


P1140487.jpg
6 months after the 1st-stage operation
 for microtia complicated with low hairline
  and reconstructed auricle.

ローヘアーラインを伴う小耳症に対して
半年前に肋軟骨移植術を行って
再建した耳介。

P1140490.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1140491.jpg
Deep temporal fascia 
  [DTF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

DTFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1140492.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1140495.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1140493.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 15/December/2017
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月15日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1140480.jpg
6 months after the 1st-stage operation
 for lobule type microtia
  and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して
 半年前に肋軟骨移植術を行って
  再建した耳介。

P1140481.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1140482.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1140483.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1140485.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1140486.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
12月2日土曜日、第23回小耳症説明会が行われました。
が、今はもう15日。報告、遅れました。
いつものように、無事終了です。
来年もたくさんのご参加お待ちしています。

12月は、さすが師走と言いますか、11月が私の厄月と言いますか。
手のひら返しのトラブルの連続で、まったく人生は思い通りにはなりません。
なんやらかんやら黄色い声を張り上げているうちに、今年も残りあとわずか。
あちこち痛い脚やら腰やらをさすりながら、また新しい年に向かって頑張ります。
でも、また一つ年を取るのよねえ・・・。

来年が皆様にとっても、当クリニックにとっても良い一年になりますように。

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 14/December/2017
Ear cartilage graft for ala deformity repair

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月14日
耳介軟骨移植による鼻翼修正術


P1140468.jpg
Preoperative appearance
   of right ala deformity [injury].

自転車で転び右鼻翼が萎縮変形したため
 他院で注射による治療を受けたものの治らなかった。
右の鼻孔が左よりも萎縮して小さくなっている。

P1140469.jpg
Preoperative appearance.

術前。

P1140471.jpg
Preoperative appearance.

術前。

P1140474.jpg
Ear cartilage is harvested
   from right conchal portion.
Right ala incision and undermined
  and cleated skin pocket.

右の耳甲介後面切開により、
耳甲介部の耳介軟骨を採取した。
鼻翼外側を切開し、皮下剥離を行い皮下ポケットを作成した。

P1140475.jpg
Ear cartilage is grafted under the ala skin pocket.
Post operative appearance.

耳介軟骨を鼻翼皮下ポケットへ
移植して鼻翼形態を修正したので
右鼻孔が拡大されている。

P1140476.jpg
Post operative appearance.

術後の状態。

P1140478.jpg
Post operative appearance.

術後。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  12/December/2017
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月12日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1140459.jpg
6 months after the 1st-stage operation
 for lobule type microtia
  and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して半年前に
 肋軟骨移植術を行い再建した耳介。

P1140461.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1140462.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
    [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
    for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1140463.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1140466.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1140467.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.   8/December/2017
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月8日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1140451.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1140452.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

本人サイズの設計図を、あらかじめ印刷した透明フイルムを用いて
耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1140453.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1140455.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
 [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1140454.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  targus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突胴部皮弁、
  耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1140457.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
 皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1140458.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D, Ph.D.  7/December/2017
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月7日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1140440.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1140442.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1140443.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1140444.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った、
   耳垂前面皮弁、
   耳垂後面皮弁、
   乳突洞部皮弁、
   耳珠用皮弁。
全ての耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1140447.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1140449.jpg
3-D frame is grafted
   under the skin pocket
     and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
  皮下ポケットへ移植して
    再建した耳介。

P1140450.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 5/December/2017
Cryptotia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月5日
埋没耳の手術


P1140427.jpg
Preoperative appearance of cryptotia.

埋没耳の術前。

P1140429.jpg
Preoperative appearance of cryptotia.

埋没耳の術前。

P1140431.jpg
Incision line.

切開線のデザイン。

P1140433.jpg
The overlying soft tissue [skin flap]
   covering the auricular cartilage
    was elevated to expose the auriclular cartilage.
The auricular cartilage was harvested
  from the posterior surface of the conchal cavity.
There is folded ear cartilage deformity
   in lateral portion [scapha portion].

耳介後面から皮弁を作成し、耳介前面まで剥離し、耳輪を露出した。
耳輪外側はない側へ倒れており,特にScapha部での陥凹変形が強い。
耳甲介後面より耳介軟骨を採取した。

P1140434.jpg
The appearance of the auricular cartilage
   after supplementation and fixation
     of the harvested auricular cartilage
       with 4-0 clear nylon.
Helical rim was released and expanded.

耳輪外側に採取した耳介軟骨を移植して
 4-0白ナイロンで縫合固定した。
耳輪の変形は修正されて外側へ広がった。

P1140436.jpg
The post operative appearance.

手術直後の状態。

P1140437.jpg
The post operative appearance.

手術直後の状態。

P1140438.jpg
At the end of the operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and reconsrtuctive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  1/December/2017
2nd-stage operation for microtia complicated with STA not palpable

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年12月1日
STAが触診できない小耳症の耳立て手術


P1140422.jpg
6 months after the 1st-stage operation
 for lobule type microtia
  and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して半年前に
  肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1140423.jpg
Superficial temporal artery [STA] was not palpable.
The temporoparietal fascia flap [TPF]
   combined with deep temporal fascia [DTF] is elevated.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.

STAが触診できなかったので、
TPFおよびDTFを合体したまま拳上した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。
頭皮分層皮膚を採取した。

P1140424.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1140425.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1140426.jpg
The reconstructed auricle is projected.



再建した耳介が立っている。