永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.   31/March/2017
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月31日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1130535.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  for lobule type microtia and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して半年前に肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1130536.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1130538.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
    for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1130539.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130542.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1130540.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  30/March/2017
1st-stage operation for microtia complicated with 40% low hairline

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月30日
40%ローヘア-ラインを伴う小耳症の肋軟骨移植術


P1130515.jpg
Preoperative appearance of microtia
 complicated with low hairline.

ローヘアーラインを伴う小耳症の術前。

P1130516.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

耳介の正常な場所と大きさを決定するため
に透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いる。

P1130517.jpg
This case is microtia
  complicated with 40% low hairline.
The outline for the 1st-stage operation.

この症例は40%ローヘアーラインを伴う小耳症。
肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130520.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130521.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Hair follicle portion is removed.
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap.

TPFを拳上した。
頭皮分奏皮膚を採取した。
頭髪部を切除した。
皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁。

P1130523.jpg
3-D frame is grafted in its proper anatomical location
  and lower half portion is covered with skin flaps.

3次元肋軟骨フレームを解剖学的に正しい場所へ移植して
下半分を皮弁で被覆した。

P1130524.jpg
Upper portion of the 3-D frame is covered with TPF.

3次元肋軟骨フレームの上半分はTPFで被覆した。

P1130525.jpg
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is grafted on TPF.

TPFの上に頭皮分層皮膚を移植した。

P1130527.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.   28/March/2017
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月28日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1130507.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  for lobule type microtia
   and reconstructed auricle.

半年前に耳垂残存型小耳症の対して
 肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1130509.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

P1130510.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
   for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1130511.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130513.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1130512.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 23/March/2017
Secondary reconstruction for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月23日
耳垂残存型小耳症の再々建手術

P1130494.jpg
This case was already operated 1st-stage operation
  for lobule type microtia at the univercity hospital
    in Kanto area but unfavourable result.

この症例はすでに関東地方の某大学病院で
耳垂残存型小耳症に対して肋軟骨移植術を行われたものの
皮弁壊死となり2016年9月8日に移植肋軟骨摘出を行った。
本日再々建手術となった。

P1130495.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130496.jpg
The outline for the
 secondary reconstruction operation.

再々建手術の手術デザイン。

P1130498.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130499.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap & mastoid skin flap
   (elevated as subcutaneous pedicled flap), and
   tragus skin flap.
Skin pocket created.
STA was already severed.

皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁および乳突洞部皮弁を皮下系皮弁として拳上した。
  耳珠用皮弁。
皮下ポケットを作成した。
STAは、すでに切断されていた。

  P1130500.jpg

P1130502.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再々建した耳介。
副耳は切除した。

P1130504.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
P1130465.jpg

これまで頻繁に、永田小耳症形成外科クリニックへは、
海外から形成外科医達が永田法の小耳症手術を学びに来院している。

今回は先週まで2週間にわたり、
韓国の形成外科医2名が永田小耳症形成外科クリニックの
小耳症手術を見学に来日していた。

プサン国立大学病院の形成外科医師、Se-Joon Oh 医師 と Sung-Won Choi 医師だ。
熱心に小耳症手術を見学して帰国した。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  21/March/2017
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月21日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1130485.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for lobule type microtia
      and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して
半年前に肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1130486.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

P1130487.jpg
The temporo-parietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
   for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1130488.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130492.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1130489.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  17/March/2017
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月17日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130474.jpg
Preoperative appearance of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130475.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130477.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130479.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130480.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap,
   tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。 
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130481.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
     and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130483.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 16/March/2017
2nd-stage operation for concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月16日
耳甲介型小耳症の耳立て手術


P1130467.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for concha type microtia
      and reconstructed auricle.

耳甲介型小耳症に対して半年前に
肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1130468.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1130469.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
   for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1130470.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130472.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1130471.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 14/March/2017
Chronic Otohematoma [Cauliflower Ear]

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月14日
慢性耳介血腫「カリフラワー耳介」


P1130457.jpg
Preoperative appearance of cauliflower ear
 [Chronic Otohematoma].

カリフラウワー耳介「慢性耳介血腫」の術前。

P1130458.jpg
Preoperative appearance of cauliflower ear
 [Chronic Otohematoma].

カリフラワー耳介「慢性耳介血腫」の術前。

P1130459.jpg
Skin flaps formed and revealed ear cartilage.

皮弁を拳上して耳介軟骨を露出した。

P1130460.jpg
Regenerated ear cartilage removed
  and remodeling of the ear cartilage
   [incisura inter tragica, scapha,
     chymba concha and cavum concha]

慢性血腫により余分に変形再生した硬い耳介軟骨部を切除して
本来の耳介の形態を再生した。

P1130461.jpg
Remodeling of the ear cartilage.

修正した耳介軟骨。

P1130462.jpg
Ear cartilage was covered with skin flap.

修正した耳介軟骨を皮弁で被覆した。

P1130463.jpg
At the end of the operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 10/March/2017
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月10日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130442.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130443.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130444.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130445.jpg
Fabricated 3 dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130446.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap,
   tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
skin pocket created.

皮弁形成を行った。
   耳垂前面皮弁、
   耳垂後面皮弁、
   乳突洞部皮弁、
   耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130448.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130450.jpg
At the end of 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 9/March/2017
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月9日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130435.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130436.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
  耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130437.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130438.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130439.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastiod skin flap,
   tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った、
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。
  
P1130440.jpg
3-D frame is grafted
 under the skin pocket
   and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨レームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130441.jpg
At the end of 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
3月4日土曜日、前日はひな祭り。
外来へ飾ろうとしていた小っちゃいおひな様も、忙しさにまぎれて医局の奥にしまいこんだまま。

永田クリニックののお雛様が、午前中お休みをしていたので、
三人官女のような私がドタバタと外来の受け付けを仕切っていたのだが、
最近はますます頭の回転が怪しくなっている。
私、自分の頭の中で、カラカラと何かが空回りしている音が聞こえてるようになりました。

午前中は、赤ちゃんを連れた初診の方がおいでになり、
「無料説明会」で詳しい説明は聞いた後なので、短時間でスムーズに診察が終わり、
お帰りになりました。
また、来年、お待ちしています。

歯科矯正の相談においでになる方もあり、
じっくりと時間をかけての説明に、納得の顔でお帰りになりました。

午後は、いつもの慌ただしさの中、
師長さんの代わりのナースのHさんが、てきぱきと受付をこなしてくれ、
回転不足の私を助け、そのうち受付のMさんが登場し、
 私は心の中で拍手喝采・・・ばんざあい!
無事、今回も説明会は終了しました。
無事、だったろうか?

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 7/March/2017
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月7日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130427.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130428.jpg
Determine the proper anatomical location
 with transparent film template. 

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130429.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130430.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilege frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130431.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った、
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130432.jpg
3-D frame is grafted
 under the skin pocket
   and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130433.jpg
At the end of the 1st-stage operation
 with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 7/March/2017
Cryptotia
永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟 ・ 2017年3月7日
埋没耳の手術


P1130418.jpg
Preoperative appearance of cryptotia.

埋没耳の術前。

P1130419.jpg
Preoperative appearance of cryptotia.

埋没耳の術前。

P1130420.jpg
The incision outline.

切開線のデザイン。

P1130423.jpg
The overlying soft tissue [skin flap]
 covering the auricular cartilage
   was elevated to expose the auricular cartilage.
The auricular cartilage was harvested
  from the posterior surface of the conchal cavity.
There is folded ear cartilage deformity
  in lateral portion [scapha portion].

皮弁を後方から拳上し、耳介軟骨を露出した。
耳甲介後面から耳介軟骨を採取した。
Scapha 部分に後方へ折れ曲がった変形がある。

P1130424.jpg
The appearance of the auricular cartilage
  after supplementation and fixation
   of the harvested auricular cartilage
    with 4-0 clear nylon.
Helical rim was released and expanded.

採取した耳介軟骨を耳輪外側後面に移植して
折れ曲がりを修正し、耳輪を広げたため耳が立った。

P1130425.jpg
The post operative appearance.

手術後の状態。

P1130426.jpg
At the end of the operation
  with bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  3/March/2017
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年3月3日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1130410.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  for lobule type microtia
    and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して
半年前に肋軟骨移植術を行って
再建した耳介。

P1130411.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

P1130412.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
   for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1130413.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130417.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1130415.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。