永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 29/November/2016
1st-stage operation for atypical concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月29日
非定形耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術


P1130139.jpg
Preoperative appearance
   of atypical concha type microtia
      without ear canal.

外耳道が存在しない非定形耳甲介型小耳症の術前。

P1130140.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

透明フイルムを用い耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130141.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130143.jpg
Fabricated 3 dimensional costal cartilage frame
[3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130144.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap.
Almost remnant ear cartilage removed
   except anti-tragus, incisula intertragica, and tragus.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁。
耳珠、珠間切痕、対珠を除く遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130147.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植し再建した耳介。

P1130148.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.   25/November/2016
Low set concha type microtia complicated with low hairline

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月25日
ローヘアーラインを伴う正常よりも低位置に存在する耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術


P1130127.jpg
Preoperative appearance
  of low set concha type microtia
      complicated with low hairline.
This case accepted laser depilation 15 times,
   but still now hair bearing.

低い位置の耳甲介型小耳症にローヘアーラインを伴う小耳症の術前。
ローヘアーラインだったので、レーザー脱毛処置を
15回行っているにもかかわらず、まだ薄い毛が生えている。
この薄い毛は時間が立つと太い頭毛に変わってくるので、
ローヘアーラインの手術を行うこととなった。

P1130128.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

透明フイルムを用いて耳介の正常な場所と大きさを決定する。
耳垂および耳珠および外耳道が非常に低い位置に存在していることがわかる。

P1130129.jpg
The outline for the 1st-stage operation.
Low set ear [concha type micritia].

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130130.jpg
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Hair follicle portion is excised.
Fabricated 3 dimensional costal cartilage frame [3-D frame].

頭皮分層皮膚を採取した。
毛根部分を切除した。
作成した3次元肋軟骨フレーム。

P1130132.jpg
Fabricated 3 dimensional costal cartilage frame
    [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130133.jpg
All remnant ear cartilage removed.
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
    which is excised later due to unnecessity,
   new tragus skin flap.

全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁。
  耳垂後面皮弁を作成したが、不要となり切除した。
  新たな耳珠用前面皮弁。

P1130134.jpg
3-D frame is grafted
   under the anterior skin flap of the lobule
      and new tragus reconstructed.
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.

3次元肋軟骨フレームを耳垂前面皮弁に移植して
皮弁全体を引き上げて、さらに
新たな耳珠を、以前より上方へ作成した。
TPFを拳上した。

P1130135.jpg
Upper portion of the 3-D frame
   is covered with TPF.
New tragus is reconsrtucted.

3次元肋軟骨フレームの上半分をTPFで被覆した。
新たな耳珠が形成されている。

P1130137.jpg
 TPF portion is covered with UDSTS.

TPFの部分に頭皮分層皮膚を移植した。

P1130138.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了した。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 24/November/2016
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月24日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130118.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130120.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて、
耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130121.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130123.jpg
Fabricated 3 dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130124.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap,
   tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った、すなわち
   耳垂前面皮弁、
   耳垂後面皮弁、
   乳突洞部皮弁、
   耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。


P1130125.jpg
3-D frame is grafted
   under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130126.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 22/November/2016
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月22日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130108.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130110.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

本人サイズの耳介の設計図を印刷した透明フイルムを用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130111.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130112.jpg
Paper template and fabricated
 3 dimensional costal cartilage frame [3-D frame].

本人サイズの耳の紙型と作成した3次元肋軟骨フレーム。

P1130113.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap,
   tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁。
  耳垂後面皮弁。
  乳突洞部皮弁。
  耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130115.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130117.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 18/November/2016
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月18日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1130103.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for lobule type microtia and reconstructed auricle.

The outline for the 2nd-stage operation.

耳垂残存型小耳症に対して
半年前に肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

耳立て手術のデザイン。

P1130104.jpg
The temporoparietal fascia flap
    [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
    [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
     for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを採取した。

P1130105.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130107.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1130106.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 17/November/2016
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月17日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1130097.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for lobule type micrtia
      and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して肋軟骨移植術を
    半年前に行って再建した耳介。

P1130098.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

P1130099.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
    [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
     for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1130100.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130102.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1130101.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 15/November/2016
2nd-stage operation for concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月15日
耳甲介型小耳症の耳立て手術


P1130089.jpg
6 months after the 1st-stage operation
   for concha type microtia
      and reconstructed auricle.

半年前に耳甲介型小耳症に対して
  肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1130090.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1130092.jpg
The temporoparietal fascia flap
    [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
    [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
    for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1130093.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130096.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1130095.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
P1130076.jpg
永田小耳症形成外科クリニックの小耳症手術は、
世界の小耳症手術のテキストとなり世界中に広がってきた。

永田法の認知度が高くなるにつれて、
世界中から形成外科医が頻繁に見学に訪れるようになった。

今回は、イタリアから形成外科医師が見学に来院している。
写真の向かって右側が、Givlio Bosco 医師だ。

イタリアのローマからやってきた。
当院の手術室では、通常カンッオーネーをバックミュージックに流しているが、
イタリアから来た形成外科医にとって驚きだったようだ。

P1130075.jpg
永田小耳症形成外科クリニックには、
世界中の形成外科医たちが頻繁に永田法の小耳症手術を学びに来るが、
今回も、ニュージーランドのオークランドにあるMiddle More Hospital から
形成外科医が見学にやって来ている。
向かって右側が、Stanlley Loo 医師だ。

彼は、すでに8年前にも当院の手術を見学に来日したことがあるが、
今回は2回目の訪問となった。

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 11/November/2016
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月11日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130082.jpg
Preoperative appearance
    of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130083.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

本人サイズの耳介の設計図を描いた透明フイルムを用いて
耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130084.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130085.jpg
Fabricated 3 dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130086.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap,
   tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
   耳垂前面皮弁、
   耳垂後面皮弁、
   乳突洞部皮弁、
   耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130087.jpg
3-D frame is grafted
   under the skin pocket
     and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130088.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 10/November/2016
1st-stage operation for concha type microtia after ENT surgery

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月10日
聴力改善手術を受けた後の耳甲介型小耳症に対する肋軟骨移植術


P1130074.jpg
Preoperative appearance
 of concha type microtia.
The outline for the 1st-stage operation.
Operated ENT surgery.

耳甲介型小耳症の術前。
肋軟骨移植術の手術デザイン。
以前に真珠腫の摘出術を耳鼻科で受けている。
また、聴力改善手術も国内の病院で受けたが、聞こえるようにはならなかった。
その際の手術瘢痕が耳介の後面に残されている。

P1130073.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムを用いて耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130078.jpg
Fabricated 3 dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130079.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap.
Almost remnant ear cartilage removed
   except antitragus, incisura inter tragica, tragus.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁。
耳珠、珠間切痕、対珠を除く、遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130080.jpg
3-D frame is grafted
   under the skin pocket
      and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130081.jpg
At the end of the 1st-stage operation
    with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 8/November/2016
Ear projection operation for secondary reconstructed auricle of lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月8日
小耳症に対して再々建した耳介の耳立て手術


P1130067.jpg
6 months after the secondary operation
for the reconstructed auricle
of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症に対して
 かつて、他の施設で再建手術を行れたものの
   不幸な結果となっていたので、
  半年前に作り直し手術を当院で行い、
     再々建された耳介。

P1130068.jpg
The outline for the ear projection operation.

耳立て手術のデザイン。

P1130069.jpg
The temporoparietal fascia flap
    [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
    [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
    for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1130072.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1130070.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130071.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
11月5日(土)第11回小耳症説明会報告です。
今回は希望者が多く、何組かの方は来月へ変更していただきました。申し訳ありません。
なんせここはクリニック。大病院ではありません。
ですから会議室もありません。
外来の待合室で、説明をさせていただいています。
来ていただく人数を制限させていただいています。
ご不便をおかけしています。

今回は小さい方が多くてにぎやかでした。
お父さんたちが気を使って、ずっと抱っこしたりして、大変でした。
でもみんな、一度は小さかったんですよ。お子さんの小さいことも、楽しんでください。


風邪をひかない3か条
寒くなって、風邪、インフルエンザの季節になりました。でも、風邪やインフルエンザは手術をひかえた人にとっては危険信号点滅。いろいろなリスクが高まります。
そこで麻酔医と、院長からのおすすめ
「風邪をひかない3か条」
① うがい手洗い、忘れない。
風邪のウイルスは手から移ります。石鹸を付けてしっかり洗いましょう。アルコール消毒も有効。うがいも水道水で効果あり。ただし、15秒はガラガラ続けてくださいね。一日3回を目標にして。
② 加湿
ウイルスは湿気が大嫌い。60%の湿度なら風邪ウイルスも元気がでないとか。
③ マスク
正しいマスクの使い方で、ウイルスから身を守れ!マスクは市販のものでよいので、顔に合ったものを使いましょう。もちろん使い捨てにして、いつも清潔なものを使うよう気を付けて。

手術が終わるまでは、家族みんなの健康管理が必要です。
近くに風邪をひいたりする人がいれば。さあ大変。
家族の誰かが風邪をひいたら、風邪を引いた家族か、手術を受けるご本人か、どちらかを隔離して。家族そろって、インフルエンザの予防接種をされることも、効果的だとお勧めします。

手術予定のご本人を、消毒した箱にいれて、大事に鍵をかけられればいいんだけど。そういうわけにもいかなくて。ましてや小、中学生なら毎日学校へ行かなきゃいけません。
せめて入院1か月くらい前からは、人ごみを避けていただきたいものです。
たばこの煙も、ご法度ですよ。

そしてお家でヌクヌクしながら、抵抗力をつけるためビタミン飲んで粘膜を鍛えるためヨーグルトを食べ、手術が無事終わって素敵なお耳ができたことを考えながらにんまりしてください。よく寝てきちんと食べて、あとは神頼み。運を天に任せましょう。

もし熱がでたり風邪気味だったりしたときは、急いでお医者にかかって治療を始め、必ず当院へお知らせください。お母さまのインフルエンザで、お子さんの手術が延期になった例もあります。
       TEL 048-449-3030  永田小耳症形成外科クリニック







P1130053.jpg
P1130052.jpg


永田小耳症形成外科クリニックには、
多くの海外からの形成外科医が
頻繁に永田法の小耳症手術の見学にやってくる。

今回は、オーストラリアのメルボルンから形成外科医の女医さんが見学にやってきていた。
写真の向かって左側は、メルボルンのロイヤル子供病院からやってきた
SIAN FAIRBANK医師だ。

ロイヤル子供病院という病院の中には、動物園まであるそうだ。
以前にも、この病院から別の形成外科医が見学に来ていたことがある。

本日まで2週間熱心に学んで帰国した。

来週は、ニュージーランドとイタリアから形成外科医師たちが見学に来院する予定だ。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 4/November/2016
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月4日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130059.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130060.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

本人サイズの設計図を印刷した透明フイルムを用いて
耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130061.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130062.jpg
The fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
    [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130063.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap,
   tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130064.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130066.jpg
At the end of the 1st-stage operation
 with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 1/November/2016
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年11月1日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130047.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130048.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

透明フイルムを用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130049.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130050.jpg
3 dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130051.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap,
   tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
   耳垂前面皮弁、
   耳垂後面皮弁、
   乳突洞部皮弁、
   耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130054.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
 皮下ポケットへ移植し再建した耳介。

P1130056.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。