永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 30/June/2015
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月30日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1110388.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1110389.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

耳介の正常な場所と大きさを決定するために
透明フイルムを用いる。

P1110390.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術のデザイン。

P1110391.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
 [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1110392.jpg
4 skin flaps formed,
anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule,
tragus skin flap,
mastoid skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

4枚の非弁形成を行った。すなわち。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  耳珠用皮弁、
  乳突洞部皮弁。
全ての遺残時介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1110393.jpg
3-D frame is grafted
 under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1110394.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 26/June/2015
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月26日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1110381.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1110382.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムを用いて耳介の正常な場所と大きさウィ決定する。

P1110383.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1110384.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1110385.jpg
Skin flaps formed,
anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule,
mastoid skin flap,
tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。すなわち、
  耳垂前面皮弁。
  耳垂後面皮弁。
  乳突洞部皮弁。
  耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1110386.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1110387.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 25/June/2015
1st-stage operation for concha type microtia complicated with 30% low hair line

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月25日
30%ローヘアーラインを伴う耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術


P1110370.jpg
Preoperative appearance of microtia
   complicated with low hair line.

ローヘアーラインを伴う小耳症の術前。

P1110369.jpg
Preoperative appearance
of concha type microtia
complicated with low hair line.

耳甲介残存型小耳症に
ローヘアーラインを合併する小耳症の術前。

P1110371.jpg
Determine the proper anatomical location
   with transparent film template.

透明フイルムを用いて正常な耳介の場所と大きさを決定する。

P1110373.jpg
The outline for the 1st-stage operation.
Concha type microtia
   complicated with 30% low hair line.

肋軟骨移植術の手術デザイン。
30%ローヘアーラインを伴う耳甲介型小耳症であることがわかる。

P1110376.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Hair follicle portion
[low hair line portion] removed.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
毛根部「ローヘアーライン部」を切除した。

P1110377.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1110378.jpg
3-D frame is grafted
   in nomal anatomical position.
Lower half of the 3-D frame
    is covered with skin flap.
Upper half of the 3-D frame
    is covered with TPF.

3次元肋軟骨フレームを解剖学的に正しい位置に移植し、
下半分を皮弁で、上半分をTPFで被覆した。

P1110379.jpg
TPF portion is covered [grafted] with
  ultra-delicate split thickness scalp skin [UDSTS].

TPFで被覆した部分には頭皮分層皮膚を移植した。

P1110380.jpg
At the end of thwe 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  23/June/2015
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月23日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1110359.jpg
Preoperative appearance
   of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1110360.jpg
Determine the proper anatomical location
  of the auricle with the transparent film template.

透明フイルムを用いて耳介の正常な場所と大きさを設計する。

P1110361.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1110362.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
[3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1110363.jpg
4 skin flaps formed.
anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule,
mastoid skin flap.
tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

4枚の皮弁を形成した。
 耳垂前面皮弁、
 耳垂後面皮弁、
 乳突洞部皮弁
 耳珠用皮弁、
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1110365.jpg
3-D frame is grafted
   under the skin pocket
    and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1110366.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  19/June/2015
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月19日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1110351.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して
半年前に肋軟骨移植術を行って
再建した耳介。

P1110352.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

P1110354.jpg
The temporoparietal fascia flap
    [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
    [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
   for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1110356.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1110358.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1110357.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  18/June/2015
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田悟・2015年6月18日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1110342.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して
半年前に肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1110344.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1110346.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate sprit thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
   for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
肋軟骨ブロックを作成した。

P1110347.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1110348.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1110350.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  16/June/2015
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月16日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1110334.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1110336.jpg
Determine the proper anatomical
  location of the auricle
   with transparent film template.

透明フイルムを用いて
 耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1110335.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1110338.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1110339.jpg
4 skin flaps formed,
anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule,
tragus skin flap,
mastoid skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

4枚の皮弁を形成した。
 耳垂前面皮弁、
 耳垂後面皮弁、
 耳珠用皮弁、
 乳突洞部皮弁、
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1110340.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
  and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1110341.jpg
At the end of the 1st-stage operation
with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 12/June/2015
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月12日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1110328.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して
半年前に肋軟骨移植術を行って、再建した耳介。

P1110329.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1110330.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1110331.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1110333.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1110332.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Micotia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 11/June/2015
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月11日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1110321.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症に術前。

P1110322.jpg
Determine the proper anatomical location
  of the auricle with transparent film template.

透明フイルムを用いて耳買いの正確な場所と大きさを決定する。

P1110323.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術のデザイン。

P1110324.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1110325.jpg
Skin flaps formed,
anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule,
mastoid skin flap,
tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
 耳垂前面皮弁、
 耳垂後面皮弁、
 乳突洞部皮弁、
 耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1110326.jpg
3-D frame is grafted
 under the skin pocket
   and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1110327.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
P1110302.jpg
これまで、このブログにも書いてきたように
永田小耳症形成外科クリニックには
欧米各国をはじめ、世界中から小耳症手術を学びに数多くの形成外科医達が来院している。

先月はインドから形成外科医の留学生が来日していたが、

今月は、1か月中国から形成外科医が永田小耳症形成外科クリニックに留学生が来日している。
向かって左側が、その、Li  Xiaojian医師
Nanfang 病院、南方医科大学の医師だ。

医療をとりまく政治政策事情や、宗教は各国において、それぞれ異なっているが、

医学は科学であるため、世界共通だ。
だからこそ、
医療技術は、最先端の技術が世界中に広まる時代となっている。





Nagata Microtia and Reconsrtuctive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 9/June/2015
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月9日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1110314.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1110315.jpg
Determine the proper anatomical location
  of the auricle with transparent film template.

耳介の正常な場所と大きさを決定するために透明フイルムを用いる。

P1110316.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1110317.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
[3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1110318.jpg
Skin flaps formed,
anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule,
mastoid skin flap,
tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。すなわち、
 耳垂前面皮弁。
 耳垂後面皮弁。
 乳突洞部皮弁。
 耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1110319.jpg
3-D frame is grafted
  under the skin pocket
   and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ
移植して再建した耳介。

P1110320.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 5/June/2015
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月5日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1110307.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対し
半年前に肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1110309.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1110310.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
The costal cartilage block
    for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1110311.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1110313.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1110312.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 4/June/2015
Auricular projection operation [2nd-stage operation] for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年6月4日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1110298.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に肋軟骨移植術を半年前に行って再建した耳介。

P1110299.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1110303.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate Split thickness scalp skin
    [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
     for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

.P1110304.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1110306.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1110305.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 2/June/2015
2nd-stage operation for lobule type microtia


永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟 2015年6月2日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1110293.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia.
Reconstructed auricle.
The outline for the 2nd-stage operation.

耳垂残存型小耳症に対して
肋軟骨移植術を半年前に行って再建した耳介。
耳立て手術のデザイン。

P1110294.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal catrilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
肋軟骨ブロックを作成した。

P1110295.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1110296.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1110297.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。