永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 27/February/2015
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年2月27日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1110004.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植後半年の再建された耳介。

P1110007.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
 for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1110008.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1110009.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1110011.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 26/February/2015
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年2月26日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1100996.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
 and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して半年前に肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1100997.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1100998.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
 for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1100999.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1110001.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1110003.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。
永田小耳症形成外科クリニックの
ホームページをリニューアルしました。

URLアドレス
http://www.nagata-microtia.jp/

リニューアルHP


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 24/February/2015
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年2月24日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1100988.jpg
Preoperative appearance
 of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1100989.jpg
Determine the proper anatomical location
 with transparent film template.

耳介の正常な場所と大きさを決定するために
透明フイルムに印刷された設計図を用いる。

P1100990.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術の手術デザイン。

P1100991.jpg
Skin flaps formed,
anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule,
tragus skin flap,
mastoid skin flap.
Remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁を形成した。
  耳垂前面皮弁。
  耳垂後面皮弁。
  耳珠用皮弁。
  乳突洞部皮弁。
遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1100992.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1100994.jpg
3-D frame is grafted under the skin flaps
  and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1100995.jpg
At the end of the 1st-stage operation
  with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
永田小耳症形成外科クリニックでは

2月18日水曜日と、2月21日土曜日と、2月23日(月曜日)の外来は、休診となります。
本日は、入院していた小耳症の患者さんが

診察後無事退院となった。

その後入院中の小耳症の患者さん達の包帯交換を行った。

月曜日は抜糸の時期にあたる患者さんが多いので包帯交換に時間を要した。

午後からは、小耳症の患者さん達の全身麻酔用術前検査を行った。
2月14日土曜日。

永田小耳症形成外科クリニックでは、小耳症外来の日。

午前中、小耳症で再診の患者さん達の診察を行った。

その後小耳症で入院中の患者さん達の包帯交換を行った。


午後からも小耳症で再診の患者さんたちの診察を行った後、

小耳症で初診の患者さんが来院されたので手術法の詳しい説明を行った。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  13/February/2015
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年2月13日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1100982.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
and reconstructed auricle.

半年前に耳垂残存型小耳症に対して
肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1100983.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1100984.jpg
The temporopatietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1100985.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1100987.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1100986.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  12/February/2015
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年2月12日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1100976.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して半年前に
肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1100977.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術デザイン。


P1100978.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
   for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1100979.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1100980.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1100981.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
本日は2月11日。

建国記念日で休日。

永田小耳症形成外科クリニックでは、外来はお休みだが、

小耳症で入院中の患者さん達に包帯交換を行った。

また、明日小耳症で手術予定の患者さんが入院となった。

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 10/February/2015
1st-stage operation for clinical anotia complicated with low hair line

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年2月10日
ローヘアーラインを伴う臨床的無耳症の肋軟骨移植術


P1100967.jpg
Preoperative appearance of clinical anotia
 complicated with low hair line.

ローヘアーラインを伴う臨床的無耳症の術前。

P1100968.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムを用いて耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1100969.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術のデザイン。

P1100970.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1100971.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Hair follicle portion is excised.
Fabricated 3-D frame.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
毛根部分を切除した。
作成した3次元肋軟骨フレーム。

P1100972.jpg
3-D frame is grafted into proper anatomical location.

Lower half of the 3-D frame
  is covered with skin flaps.
Upper half of the 3-D frame
  is covered with TPF.

3次元肋軟骨フレームを耳介の解剖学的な場所へ移植した。

3次元肋軟骨フレームの下半分を皮弁で被覆した。
3次元肋軟骨フレームの上半分をTPFで被覆した。

P1100974.jpg
TPF portion is covered with
  ultra-delicate split thickess scalp skin [UDSTS].
Pseud external auditory canal removed.

TPFの部分に頭皮分層皮膚移植を行った。
正常より遥か下に存在していた偽外耳道孔を摘出した。

P1100975.jpg
At the end of the 1st-stage operation
with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
P1100944.jpg
現在永田小耳症形成外科クリニックには、

アメリカから3名の女医さんが小耳症の手術見学に来ている。

ボストン・メデイカルセンター・顔面形成外科の Sarah Saxon 医師。

ニュウメキシコ大学の小児耳鼻科のErica C Bennett 医師、およびTania Kiaai 医師だ。


永田法の小耳症手術を見学し、熱心な質問を行っている。

世界の小耳症の患者さん達が

永田法で手術が行えるようになれば

多くの患者さんのためになる。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 6/February/2015
1st-satge operation for mictotia complicated wit low hair line

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年1月6日
ローヘアーラインを伴う小耳症の肋軟骨移植術


P1100959.jpg
Preoperative appearance of microtia
  complicated with low hair line.

ローヘアーラインを伴う小耳症の術前。

P1100960.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムを用いて耳介の正常な場所と大きさを設計する。

P1100961.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術のデザイン。

P1100962.jpg

Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1100963.jpg

The temporoparietal fascia flap
[TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Hair follicle portion is excised.
Fabricated 3-D flame.
Skin flaps formed.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
毛根部分を切除した。
作成した3次元肋軟骨フレーム。
皮弁を作成した。

P1100964.jpg

3-D frame is grafted
  and lower half of 3-D frame
     is cobered with skin flaps.
Upper half of the 3-D frame
   is covered wit TPF.
3次元肋軟骨フレームを移植して、下半分を皮弁で被覆した。
上半分はTPFで被覆した。

P1100965.jpg
TPF portion is covered with UDSTS.

TPFの部分を頭皮分層皮膚で被覆した。

P1100966.jpg
At the end of the 1st-stage operation
 with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  5/February/2015
2nd-stage operation for concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田悟・2015年2月5日
耳甲介型小耳症に対する耳立て手術


P1100951.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for concha type microtia
 and reconstructed auricle.

耳甲介型小耳症に対して半年前に肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1100952.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1100953.jpg
The tempororarietal fascia flap
  [TPF] is elavated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
The costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1100955.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1100957.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1100958.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.    3/February/2015
2nd-stage operation for microtia complicated with 60% low hair line

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年2月3日
60%ローヘアーラインを伴う小耳症の耳立て手術


P1100941.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for microtia complicated with
60% low hair line and reconstructed auricle.

半年前に60パーセントローヘアーラインを伴う小耳症に対して
肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1100942.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1100943.jpg
The deep temporal fascia flap
  [DTF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

DTFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1100946.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1100947.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1100948.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。
Secondary reconstruction for stahls ear
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 2/February/2015

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2015年2月2日
スタール耳のやり直し手術

P1100937.jpg

スタール耳に対して、以前ほかの施設で手術を受けたものの
あまり改善しなかった。

P1100939.jpg
手術デザイン。

P1100940.jpg
耳介軟骨と皮膚を切除して縫合した。
耳介形態が改善した。