永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 31/January/2014
1st-stage operation for small concha type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月31日
小耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術


P1090499.jpg
Preoperative appearance of
small concha type microtia.

小耳甲介型小耳症の術前。

P1090500.jpg
Determine the proper anatomical location
with the transparent film template.

耳介の正しい位置と大きさを決定するために透明フイルムを用いる。

P1090501.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1090503.jpg
Fabricated 3 dimensional costal cartilage frame
[3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1090504.jpg
4 skin flaps formed.
anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule,
mastoid skin flap,
tragus skin flap.
Almost remnant ear cartilage removed without tragus.
Skin pocket created.

4枚の皮弁形成を行って、耳珠を除く遺残耳介軟骨を摘出し皮下ポケットを作成した。

P1090506.jpg
3-D frame is grafted
under the skin pocket
  and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1090507.jpg
The appearance
at the end of the 1st-stage operation
with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 30/January/2014
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月30日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1090488.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して半年前に肋軟骨移植術を行って再建された耳介。

P1090490.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1090492.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
The costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1090494.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1090495.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が、立っている。

P1090496.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.   28/January/2014
1st-stage operation for atypical lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月28日
非定型耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1090474.jpg
Preoperative appearance of atypical lobule type microtia.

非典型的耳垂残存型小耳症の術前。

P1090475.jpg
Determine the proper anatomical location
with the transparent film template.

透明フイルムを用いて耳介の正常な場所を決定する。

P1090476.jpg
The outline for the 1st-stge operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1090477.jpg
Fabricated 3 dimensional costal cartilage frame
[3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1090479.jpg
4 skin flaps formed.
anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule,
tragus skin flap,
mastoid skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

4枚の皮弁を形成した、
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  耳珠用皮弁、
  乳突洞部皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1090480.jpg
3-D frame is grafted
under the skin pocket
  and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建された耳介。

P1090481.jpg
The appearance
at the end of the 1st-stage operation
  with Bolster sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 24/January/2014
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月24日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1090447.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
  and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して耳介再建を行い、6か月後の再建耳介。

P1090449.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1090450.jpg
The temporoparietal fascia flap
[TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness sculp skin
[UDSTS] is harvested.
The costal cartilage block
for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚「UDSTS」を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1090451.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1090452.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1090453.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 20/January/2014
Secondary reconstruction operation
for lobule type microtia complicated with low hair line



永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月20日
ローヘアーラインを伴う耳垂残存型小耳症の再々建手術「作り直し手術」


P1090413.jpg
The preoperative appearance of a patient
with unsatisfactory reconstruction results.
This patient already operated at University hospital on Kanto area.

この症例は関東地方の某大学病院で小耳症に対する耳介再建手術を受けたものの
不幸な結果となり、永田小耳症形成外科クリニックで再々建手術を行う事となった。

P1090416.jpg
Determine the proper anatomical location
with the transparent film template.

耳介の正しい場所と大きさを決定するために
透明フイルムに印刷した設計図を用いる。

P1090417.jpg
The outline for the secondary reconstruction operation.
Note the reconstructed auricle is anterior tilted and low hair line.

再々建手術のデザイン。
再建された耳介は前傾しており、ローヘアーラインでもある。

P1090418.jpg
Excised costal cartilage frame [left].
Newly fabricated 3 dimensional costal cartilage frtame [3-D frame][center].
Paper template [right].

摘出した移植されていた肋軟骨フレーム 「左」。
新たに作成した3次元肋軟骨フレーム「中央」。
紙型「右」。

P1090419.jpg
Skin flaps formed.

皮弁形成を行った。

P1090420.jpg
Anterior skin flap of the lobule.
Posterior skin flap of the lobule.
Upper ear skin flap.
Tragus skin flap.
Ear canal skin flap.

耳垂前面皮弁。
耳垂後面皮弁。
耳介上方皮弁。
耳珠用皮弁。
外耳道入口部皮弁。

P1090421.jpg
STA is severed.
Temporoparietal fascia flap [TPF] is elevated as wide by-pedicle.

STAは切断されていたので、TPFを広い両茎弁として拳上した。

P1090423.jpg
Hinged by-pedicled TPF.

両茎皮弁としたTPFを反転した。

P1090424.jpg
3-D frame is grafted proper anatomical location.
Almost 3-D frame is covered with skin flaps.
Upper lateral portion of the 3-D frame is covered with TPF.
Ultra-delicate split thickness scalp skin [UDSTS]is harvested.

3次元肋軟骨フレームの大部分を皮弁で被覆できたが
被覆できなかった上外側部をTPFで被覆した。
頭皮分層皮膚を採取した。

P1090425.jpg
TPF portion is covered with
  ultra-delicate split thickness scalp skin [UDSTS].

TPFの部分には頭皮分層皮膚を移植した。

P1090426.jpg
The appearance
  at the end of the secondary reconstruction operation
   with bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。

本日は小耳症で入院していた患者さんが診察後無事退院となった。

その後、外来では局所麻酔下の手術を1件行った。

さらに小耳症で入院中の患者さん達の包帯交換を行った。

抜糸の時期にあたる患者さんたちが多かったので

包帯交換に時間がかかった。


午後からは小耳症外来の時間帯となった。

来週小耳症手術予定の患者さん達3名の全身麻酔用の術前検査を行った。

また、小耳症で再診の患者さん達の診察を行った。


先週は小耳症の再々建手術が続いたが

明日も、小耳症の再々建手術を予定している。

本日は土曜日の小耳症外来。

小耳症で再診の患者さんたちの診察後

小耳症で入院中の患者さん達の包帯交換を行った。

さらにその後、小耳症で再診の患者さん達の診察を行った。

午後からも、小耳症で最新の患者さん達の診察後

初診の患者さんが来院されたので、小耳症手術の詳しい説明を行った。

Nagata microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 17/January/2014
Secondary reconstruction for microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月17日
小耳症の再々建手術「作り直し手術」


P1090371.jpg
The preoperative appearance of a patient
  with unsatisfactory primary reconstruction results.
This patient already operated
  at Univercity hospital in KANSAI area.

すでに関西地方の大学病院で
小耳症に対する耳介再建手術を受けたものの
このように悲惨な結果となった。

P1090372.jpg
Determine the proper anatomical location
  with the transparent film template.

正常な耳介の場所と大きさを決定するために
透明フイルムに印刷した設計図を用いる。

P1090373.jpg
The outline for the
  secondary reconstruction operation.

耳介の再々建手術のデザイン。

P1090375.jpg
Excised grafted costal cartilage
  and remnant ear cartilage [left].
Newly fabricated 3 dimensional costal cartilage [center].
Please note the morphological difference.
Paper template [right].

摘出した肋軟骨フレーム及び遺残耳介軟骨「左」。
新たに作成した3次元肋軟骨フレーム「中央」。
形態の違いに注目!。
紙型「右」。

P1090377.jpg
Skin flaps formed and skin pocket created.

皮弁を形成して皮下ポケットを作成した。

P1090378.jpg
The 3 dimensional costal cartilage frame
is grafted under the skin pocket
and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再々建した耳介。

P1090380.jpg
The appearance
  at the end of the secondary operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って再々建手術が終了した。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 16/January/2014
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月16日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1090358.jpg
Preoperative appearance of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1090359.jpg
Determine the proper anatomical location
with the transparent film template.

耳介の正常な場所と大きさを決定するために透明フィルムを用いる。

P1090360.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術のデザイン。

P1090364.jpg
Fabricated costal cartilage frame
[3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1090367.jpg
All remnant ear cartilage removed.
4 skin flaps formed,
 anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule,
mastoid skin flap,
tragus skin flap.
Skin pocket created.

全ての遺残耳介軟骨を摘出して4枚の皮弁形成および皮下ポケットを作成した。

P1090368.jpg
The 3-D flame is grafted
under the skin pocket
and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建された耳介。

P1090370.jpg
The appearance
at the end of the 1st-stage operation
with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術が終了した。
本日も、小耳症で初診の患者さんが来院された。

すでに某大学病院で手術を行われたものの不幸な結果となった患者さんだった。

当院では、小耳症に対する再々建手術も数多く行っているが

小耳症そのものの手術が困難な手術なので

再々建手術は当然さらに困難な手術である。


昨日も再々建手術の患者さんの耳立て手術を行った。が、

やはり手術は困難だった。


従来法で手術をすでに受けられた患者さんは

再々建手術が可能ではあるが

小耳症手術そのものが、そもそも困難な手術である事を考えると

初回手術をどこで受けるのかが最も重要だ。


さらに非常にまれな疾患であるから、

手術経験豊富な医師がほとんどいないのも実情だ。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata. M.D., Ph.D.  14/January/2014
2nd-stage operation for lobule type microtia after secondary reconstruction
永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月14日
耳垂残存型小耳症に対して再々建した耳介の耳立て手術


P1050680.jpg
24/January/2013, the preoperative appearance
of a patient with unsatisfactory primary reconstruction results.
This patient operated at another hospital in Hokkaido area.
Secondary reconstruction operation conducted
in Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic.

2013年1月24日
この症例は北海道地方の某病院で小耳症の耳介再建手術を行われたものの不幸な結果となり
永田小耳症形成外科クリニックで、再々建手術を行った。

P1090349.jpg
14/January/2014,
The appearance 1 year after the secondary reconstruction operation.
The outline for the 2nd-stage operation.

2014年1月14日。
再々建手術後、ほぼ1年の状態。
耳立て手術の手術デザイン。

P1090350.jpg
The temporoparietal fascia flap[TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin[UDSTS] is harvested.
Fabricated costal cartilage block for ear projection.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1090353.jpg
The reconstructed auricle
after secondary reconstruction is projected.

再々建された耳介が立っている。

P1090351.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1090352.jpg
The reconstructed auricle
after secondary reconstruction is projected.

再々建された耳介が立っている。
1月13日、成人の日で休日だが、

永田小耳症形成外科クリニックでは、

小耳症で入院中だった患者さんが診察後無事退院となった。

また、入院中の小耳症の患者さん達の包帯交換を行った。

さらに明日小耳症で手術予定の患者さんが入院となった。


本日は午前中小耳症で入院していた患者さんが診察後無事退院となった。

その後小耳症で再診の患者さん達の診察を行った。

さらに小耳症で入院中の患者さん達の包帯交換を行った。


午後からは、小耳症で再診の患者さんたちの診察後、

小耳症で初診の患者さんが2名来院されたので

手術法の詳しい説明を行った。

更に再診の患者さん達の診察を行った。


昨日は長時間の小耳症再々建手術を行ってたいへんだったが、

これで、ようやく今週の仕事も終了となった。


Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 10/January/2014
Secondary reconstruction for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月10日
小耳症の再々建手術


P1090296.jpg
The preoperative appearance of
  unsatisfactory primary auricular reconstruction case.
This case was already operated
  4 times at University hospital in Kantou area.

関東地方の大学病院で4回もの手術を受けて
すでに再建された耳介の術前の状態。
当院で耳介の再々建を希望して今回の手術となった。

P1090297.jpg
Determine the proper anatomical location
  with the transparent film template.

透明フイルムに印刷した設計図を用いて耳介の位置と大きさを設計する。

P1090298.jpg
The outline for
  the secondary reconstruction of the auricle.

耳介の再々建手術の手術デザイン。

P1090300.jpg
Excised grafted costal cartilage frame [left].
Newly fabricated 3 dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] [center].
Paper template [right].

摘出した移植されていた肋軟骨フレーム 「左」。
新たに作成した永田法による3次元肋軟骨フレーム「中央」。
耳の紙型「右」。

P1090302.jpg
The temporoparietal fascia flap [TPF] is elevated.
Skin flaps formed.
  anterior skin flap of the lobule,
posterior skin flap of the lobule, mastoid skin flap
and auricular skin flap.
Color-unmatched grafted skin removed.
Fabricated 3-D frame.

TPFを拳上した。
皮弁形成を行った。
色調の異なる移植されていた皮膚を切除した。
新たに作成した3事件肋軟骨フレーム。

P1090306.jpg
Lower and anterior portion
  of the 3-D frame is covered with skin flaps.
Upper and lateral portion
  of the 3-D frame is covered with TPF.
Color-unmatched grafted skin excised [upper left].
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested [lower left].

3次元肋軟骨フレームを移植して下前方部を皮弁で被覆し、
上外側部をTPFで被覆した。
色調の異なる移植されていた皮膚を切除した「左上」。
頭皮分層皮膚を採取した「左下」。

P1090308.jpg
TPF portion is covered with UDSTS.
The reconstructed auricle.

TPFの部分に頭皮分層皮膚を移植し、再建しなおした耳介。

P1090310.jpg
The appearance
  at the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 9/January/2014
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月9日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1090288.jpg
6 months after the 1st-stage operation
 for lobule type microtia
   and reconstructed auricle.

半年前に耳垂残存型小耳症に対して肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1090289.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

P1090291.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
The costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1090292.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1090293.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1090295.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。
1月8日、永田小耳症形成外科クリニックの本日は、

午前中小耳症で入院していた患者さんが診察後無事退院となった。

また明日小耳症手術予定の患者さんが入院となった。

さらに小耳症で入院している患者さん達の包帯交換を行った。


午後からは小耳症で中国から来院された患者さんの診察を行った。

さらに外来の患者さんの診察を行った。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 7/January/2014
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2014年1月7日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術



P1090273.jpg
6 months after the 1st-stage operation
for lobule type microtia
and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対し肋軟骨移植後、半年の再建耳介。

P1090274.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳縦手術のデザイン。

P1090275.jpg
The temporoparietal fascia flap
  [TPF]is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
The costal cartilage block
  for ear elevation is fabricated.

TPFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1090277.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1090278.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。

P1090280.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建された耳介が立っている。
1月4日、永田小耳症形成外科クリニックでは

入院していた小耳症の患者さんが診察後無事退院となった。

また、昨日と同様に、

入院中の小耳症の患者さん達の包帯交換を行った。


外来診察は1月6日の月曜日午後から開始の予定です。
2014年1月2日。快晴。

関東地方は暖かい日々が続いている。


2014年の永田小耳症形成外科クリニックの外来は

1月6日月曜日の午後1時から開始の予定です。
新年あけましておめでとうございます。

ついに2014年元旦となった。

永田小耳症形成gへかクリニックでは

元旦から小耳症で入院していた患者さんが診察後無事退院となった。

その後小耳症で入院中の患者さん達の包帯交換を行った。

今年こそは、世界の平和を迎え、日本経済も良好であってほしい。