永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 23/May/2017
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年5月23日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130743.jpg
Preoperative appearance
  of lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130744.jpg
Determine the proper anatomical location
  with transparent film template.

透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130745.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
  [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130746.jpg
Skin flaps formed,
  anterior skin flap of the lobule,
  posterior skin flap of the lobule,
  mastoid skin flap,
  tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130747.jpg
3-D frame is grafted
 under the skin pocket
  and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを
 皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130748.jpg
At the end of the 1st-stage operation
 with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 19/May/2017
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年5月19日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1130734.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  for lobule type microtia
    and reconstructed auricle.

半年前に耳垂残存型小耳症に対して
 肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1130736.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術のデザイン。

P1130737.jpg
The tempoloparietal fascia flap [TPF] and
  deep temporal flap [DTF] are elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
  [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
  for ear projection is fabricated.

TPFおよびDTFを拳上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1130738.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130739.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1130740.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D, Ph.D. 18/May/2017
2nd-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年5月18日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1130728.jpg
6 months after the 1st-stage operation
  forl lobule type microtia
    and reconstructed auricle.

耳垂残存型小耳症に対して
半年前に肋軟骨移植術を行って再建した耳介。

P1130729.jpg
The outline for the 2nd-stage operation.

耳立て手術の手術デザイン。

P1130730.jpg
The temporoparietal fascia flap
   [TPF] is elevated.
Ultra-delicate split thickness scalp skin
   [UDSTS] is harvested.
Costal cartilage block
   for ear projection is fabricated.

TPFを挙上した。
頭皮分層皮膚を採取した。
耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1130731.jpg
The total suture line.

縫合線の全体像。

P1130732.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。

P1130733.jpg
The reconstructed auricle is projected.

再建した耳介が立っている。
P1130703.jpg
永田小耳症形成外科クリニックには、これまでも記載しているように
海外から多くの形成外科医が永田法の小耳症手術を見学に来ている。

先週もメキシコから形成外科医が見学に来ていた。
向かって右前が、CENTRO DE ESTUDIOS MASTOLOGICOS, S.A. DE C.V. 病院の
JOSE JAVIER ZEPEDA RODRIGUEZ 医師だ。

以前、この施設から別の形成外科医が見学に来ていた。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 16/May/2017
1st-stage operation for lobule type microptia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2017年5月16日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1130717.jpg
Preoperative appearance
   of the lobule type microtia.

耳垂残存型小耳症の術前。

P1130718.jpg
Determine the proper anatomical location
 with transparent film template.

本人サイズの設計図を印刷した透明フイルムを用いて
  耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1130719.jpg
The outline for the 1st-stage operation.

肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1130721.jpg
Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
   [3-D frame] and paper template.

作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1130723.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap,
   tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

皮弁形成を行った。
  耳垂前面皮弁、
  耳垂後面皮弁、
  乳突洞部皮弁、
  耳珠用皮弁。
全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
皮下ポケットを作成した。

P1130724.jpg
3-D frame is grafted
   under the skin pocket
     and reconstructed auricle.

3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1130727.jpg
At the end of the 1st-stage operation
   with Bolster fixation sutures.

ボルスター縫合固定を行って手術終了。