永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

記録的な大雪が、埼玉を埋め尽くし、北側の雪もまだ溶けきっていないのに、また雪。
まったく今年の埼玉は、寒い。
その冷え切った寒さの中、あちこちからおいでいただいて、2月3日節分の日に、第25回小耳症説明会を開催しました。
開催と言っても小さなクリニックですからね。
5家族もおいでになれば、外来の待合はもう一杯。
院長の熱気で、暑いくらいです。

最近はインフルエンザの大流行で、あちこちから悲鳴が聞こえます。
特に2月に手術を控えた患者さんたちは、大変です。
インフルエンザが流行っているので、学校を休んだ方がいいでしょうかとご相談もいただいたり、
母がインフルエンザに罹りました。どうしましょうかとご相談もいただいたりしています。
そのつどに、麻酔の先生の指示をいただいたり、
入院患者さんたちの面会制限も厳しくしたりと、対応させていただいていますが、
なかなか、完璧な対応策はないのが現状です。

とにかく、うがい手洗い忘れずに、よく寝て食べて運任せ。
これって私の生活信条かも・・・

謹賀新年。明けましておめでとうございます。

今年は例年以上の寒い日が、続きます。
1月6日、第24回小耳症説明会を無事開催しました。
お寒い中、今年初めての小耳症説明会に参加いただき、ありがとうございました。
説明会もついに丸2年、無事続けることができました。
ありがとうございます。

手術をするつもりでない方も、話を聞いてみるだけでもかまいません。
手術の適応年齢は10才なので、
それまでにいろいろと話を聞いてみてください。
参加、お待ちしています。

ぜひ、ご参加、お待ちしています。

 平成29年小耳症説明会参加者  83組
  遠くは鹿児島沖縄から、
  沢山のご参加、ありがとうございました


12月2日土曜日、第23回小耳症説明会が行われました。
が、今はもう15日。報告、遅れました。
いつものように、無事終了です。
来年もたくさんのご参加お待ちしています。

12月は、さすが師走と言いますか、11月が私の厄月と言いますか。
手のひら返しのトラブルの連続で、まったく人生は思い通りにはなりません。
なんやらかんやら黄色い声を張り上げているうちに、今年も残りあとわずか。
あちこち痛い脚やら腰やらをさすりながら、また新しい年に向かって頑張ります。
でも、また一つ年を取るのよねえ・・・。

来年が皆様にとっても、当クリニックにとっても良い一年になりますように。

11月4日(土)

永田小耳症形成外科クリニック外来にて、第22回小耳症説明会が行われました。
10月は院長が学会参加のため、お休み。久しぶりの開催です。
そのせいか、なんとなく心もとなく、準備もとどこおりがち。
院長は久しぶりだったせいか、逆に力が入り、
いつもより時間を延長しての説明会になりました。

今回は小さいBabyちゃんたちの参加が多く、
ご家族も大変だったと思いますが、みなさん真剣に聞いておられました。
途中から大きな声で赤ちゃんの声が聞こえるので、
疲れちゃったのかなと思いましたが、見てみると顔は笑ってる。
子供はたくましいものです。お父さん、お疲れ様。

来月は今年最後の説明会。そのあとは年末まで駆け足です。

あっという間に、秋になりました。
時間のたつのは早いもの。私も、人生の秋を感じます。

さて、9月2日、第21回小耳症説明会報告、無事終了しました。
今回は2歳児の方が多くいらっしゃり、なんとなくクリニックは保育園のよう。
小さい足音がパタパタする中で、
一番小さい生後2か月の赤ちゃんは、すやすやおねんね。
院長の大きな声も、おねんねの妨げにはならないらしい。
将来は大物だよ。

来月は院長はフロリダで学会のため、説明会はお休み。
11月は4日に開催予定です。