永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

8月5日、第20回小耳症説明会報告を開催いたしました。
埼玉の笹目町まで、暑い中にもかかわらず、よく来てくださいました。
たくさんのご参加、感謝です。

今回はBABYちゃんが何人かいて、院長が真面目な(コワイ?)顔でスライドの説明をしている中、
バタバタと走り回り、なかなかに、にぎやかでした。
これって他ではちょっと見られない状況だよね。
おもわず可愛くて、ついつい声をかけてしまいます。

始まる前はお父さんが二人並んで、自分たちのお子さんのおむつを替えているのを見て、
う~~ん、私たちのころとは様変わり。
でもすごく、自然なんだよね。感激です。

歯科矯正の先生の丁寧なカウンセリングも好評でした。
花火大会が予定されており、やや速足の説明会でしたが、無事終了しました。
また来月も、説明会を予定しています。
乞う、ご期待。
突然、夏になりました。
7月1日に、小耳症説明会が無事終わったのですが、ご報告、遅れました。
最近、私生活でいろいろとありまして、クリニックでも、あらあら事件がいろいろとありまして
ワヤワヤしている間に一週間が終わってしまいました。

このままでは、知らないうちに、この一年も終わってしまいそうです。

私の心はもう、来月の説明会の段取りで、いっぱいです。
来月は夏休みでもありますし、年に一度の戸田市の花火大会の日です。

お帰りの際は戸田公園駅は、ひどく混みます。
はやばやと説明会を予約してくださった方々も、どうかご注意ください。

とりあえず、今回も説明会、無事終了いたしました。


6月3日、恒例の小耳症説明会が開催されました。
なんと、今回は参加者が、お二人のみ。それも成人です。

なぜか最近は一般外来での初診の方が増えており、それはそれでありがたいことです。

そんな訳でしょうか、または学校行事が多い時だからでしょうか、
とにかく今回は、静かな落ち着いた説明会になりました。
私も事務さんも師長さんも、たぶん院長も歯科口腔外科の先生も、
なんとなくゆったりした気分の、
小耳症説明会でした。

最近は大人で、やり直しの手術を希望される方が多いのです。
しかし、仕事をそんなに休めないとか、入院期間が1か月かかるとか、なかなか決心のつかない方も多いです。
お子さんはお子さんで、受験とかもあるしねえ。
なかなか・・・。ねえ。

ではまた来月、おいでをお待ちしています。





5月6日は、第17回小耳症説明会。
連休の終盤とあってか、参加者はいつもより、やや少なめ。
それでもいつも以上の熱気(院長の?)に覆われ、無事終了しました。

今回は3人のベビーにおいで頂き、私と師長の目の保養になりました。
ご家族がやはり気になるのは、院長の年齢と、健康状態。
お子さんの手術の適応年齢を考えると、10年後の院長の健康状態は重要ですね。

10年後はどうなってるか神様でもわかりませんが、
一度当クリニックの様子を見に来ていただければ、と思います。
今はネットでなんでも調べられる時代ではありますが、やはり情報は一方的です。
百聞は一見にしかず、と言いますからね。
お待ちしています。
桜ですね。春ですね。
心は浮き立ちますが、外へは出歩けません。花粉症です。

さて、4月1日、第16回小耳症説明会。
今回は麻酔科の先生をお迎えして、小耳症の手術に必要不可欠な麻酔の話を伺いました。

昨年も一度おいでいただいて、いろいろと興味深いお話をしていただきました。
今回は、麻酔は安全に行われるためいろいろと工夫がされていること。
術後が患者さんにとって、痛みが少なく吐き気もないように工夫がされていることなど、
わかりやすく説明していただきました。

また、より安全な麻酔のために、手術前に患者様の情報を提供していただきたいということ。
麻酔をかけられないときの条件など、具体的な説明が箇条書きで示されました。
いろいろな質問も出て、その後、ご希望者は順番に診察を終え、
今回も、何とか、無事、終了。