永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

本日は、下唇の悪性腫瘍のため、

中国地方の病院で、下唇及び下顎部にまで及ぶ腫瘍切除及びその再建手術を受けたものの、

その瘢痕や下唇の左右不対象のため、

修正手術を希望されて当院へ来院された患者さんの手術を行った。

顔面の手術のため、患者さんのプライバシー保護の目的で

本日の手術写真をアップすることはできない。

手術はスムーズに進行した。

本日は、「結節性硬化症」「プリングル病」、に対する剥皮術を行った。

顔面の頬部、鼻部及び下額部の皮膚に

米粒代の赤い隆起した良性の腫瘍が数多く出来る特有の疾患である。


永田小耳症形成外科クリニックのホームページの再建外科の最後に実例が画像で示してある。

この腫瘍は小さいものの皮膚の奥深くまで根を張っているので

根の部分を深くまで削り取っておく必要がある。

しかも腫瘍同士はすぐそばに発生しているので、無数に存在している。


通常の剥皮術の深さでは取りきれないほど深いので

その見極めが困難だ。

経験を必要とする。


レーザー治療などを行ってもほとんど変化しない。


P1010254.jpg
外傷性耳介のため、他の病院で再建手術を受けたものの不幸な結果となり
2009年9月4日再々建手術を行った。
P1010255.jpg
耳の後ろに移植されていた色が異なる皮膚を切除する。
P1010257.jpg
形の異なる耳介軟骨を摘出した。「
左上耳の後ろの色が異なる皮膚を切除した。
前胸部より採取した肋軟骨を、彫刻して、新たな肋軟骨フレームを作成した。
P1010259.jpg
皮弁を形成した。
P1010262.jpg
肋軟骨フレームを移植した状態。
P1020116.jpg
そして、2010年4月23日の耳立て手術日となった。
耳立て手術のデザインを示す。
P1020118.jpg
頭から薄い皮膚を採取した。
頭から血管膜を起こしたところ。
耳を後ろから支えて立てるために移植する肋軟骨ブロックを作成した。
P1020120.jpg
耳が立っている。
P1020121.jpg
耳が立っている。
耳の腫れは、入院中に引く。
本日は、顔面の前額に腫瘍が大きく出来たレックリングハウゼン氏病で、

半年前に腫瘍を切除して、ほぼ左右対称の顔面となった患者さんの

手術だった。


頬骨付近の骨が溶けた部分に肋軟骨移植を行い

顔面全体の左右対称性の微調整の手術を行った。

この手術は、顔面形態を左右対称にすることが最も重要な手術である。


今日の手術を写真入で紹介できないのは残念だ。

なぜなら顔面の手術のために、誰かがわかるからだ。


顔面に出来たレックリングハウゼン氏病の腫瘍は、

ただ大きく腫大しているばかりでなく

骨が溶けている部分もあるために

形成外科医としての応用力が試される特殊な手術だ。


患者さんの個人によって程度が異なり、

最終目標は、正常な形態なのだから、すべてオーダーメイドの手術となる。

しかも芸術的センスが必要な手術でもある。


このような意味で、小耳症の手術との共通点がある。
DSC05800.jpg
耳の上が、皮膚に埋まっている。
埋没耳。
この状態下はメガネやマスクがかけられない。
DSC05801.jpg
手術のデザインを示す。
DSC05803.jpg
切開したところ。
DSC05802.jpg
皮弁を起こし始めたところを示す。
DSC05804.jpg
耳の軟骨を露出した。
DSC05805.jpg
耳の軟骨に修正を加えて、頭の皮膚を引き寄せて縫合した。
DSC05807.jpg
耳の後ろから広く起こしてきた皮弁を、
耳の上の方へ裏側から引き上げて移動させることで
耳の裏側で足りなかった皮膚を形成できているから、耳が頭から分離できた。
DSC05808.jpg
更に耳の裏と表からガーゼで軽く圧迫して、裏側に移動した皮膚を密着させている。