永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち

愉快な仲間たちの秘密の会話

Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D. 23/August/2016
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年8月23日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植術


P1120794.jpg
   Preoperative appearance
      of lobule type microtia.

   耳垂残存型小耳症の術前。

P1120795.jpg
   Determine the proper anatomical location
      with transparent film template.

   透明フイルムを用いて耳介の正常な場所と大きさを決定する。

P1120796.jpg
    The outline for the 1st-stage operation.

    肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1120797.jpg
    Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
       [3-D frame] and paper template.

     作成した3次元肋軟骨フレームと型紙。

P1120798.jpg
Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap,
   tragus skin flap.
All remnant ear cartilage removed.
Skin pocket created.

    皮弁形成を行った。
     耳垂前面皮弁、
     耳垂後面皮弁、
     乳突洞部皮弁、
     耳珠用皮弁。
    全ての遺残耳介軟骨を摘出した。
    皮下ポケットを作成した。

P1120799.jpg
     3-D frame is grafted
       undert he skin pocket
         and reconstructed auricle.

     3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植し再建した耳介。

P1120800.jpg
     At the end of the 1st-stage operation
        with Bolster fixation sutures.

     ボルスター縫合固定を行って手術終了。

リオでおこなわれているオリンピックにおいて、

4x100メートルの400メートルリレー決勝で

なんと、日本は、ついに銀メダルを獲得した。


オリンピック競技の中でも特に難関だったトラック競技で、
  
しかも、短距離走のチームプレーでの歴史的快挙だ。

日本短距離選手の走力が充実している今回は、メダルが期待されていたものの

ウサイン・ボルト選手率いるジャマイカに次いで、なんと2位。

後で失格となった3位のアメリカにも勝ったのだ。

まさに快挙!。

かつて学生時代に陸上競技の単距離に打ち込んでいた私としては、

この価値が震えるほど身に染みてわかる。




Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.   19/August/2016
Ear projection operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田悟・2016年8月19日
耳垂残存型小耳症の耳立て手術


P1120786.jpg
    6 months after the 1st-stage operation
        for lobule type microtia
            and reconstructed auricle.

     耳垂残存型小耳症に対し半年前に
       肋軟骨移植術を行って再建した耳介。
P1120788.jpg
     The outline for the 2nd-stage operation.

     耳立て手術のデザイン。

P1120790.jpg
      The temporoparietal fascia flap
           [TPF] is elevated.
      Ultra-delicate split thickness scalp skin
            [UDSTS] is harvested.
      Costal cartilage block
             for ear projection is fabricated.

      TPFを拳上した。
      頭皮分奏皮膚を採取した。
      耳を立てるための肋軟骨ブロックを作成した。

P1120792.jpg
      The total suture line.
 
      縫合線の全体像。

P1120793.jpg
      The reconstructed auricle is projected.

      再建した耳介が立っている。

P1120791.jpg
       The reconstructed auricle is projected.

       再建した耳介が立っている。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.  18/August/2016
1st-stage operation for concha type microtia

永田小耳症形成外科ウリニック・永田 悟・2016年8月18日
耳甲介型小耳症の肋軟骨移植術


P1120779.jpg
   Preoperative appearance
   of concha type microtia.

   耳甲介型小耳症の術前。

P1120780.jpg
   Determine the proper anatomical location
      with transparent film template.

   本人サイズの透明フイルムを用いて
      耳介の正確な場所と大きさを決定する。

P1120781.jpg
    The outline for the 1st-stage operation.
  
    肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1120782.jpg
    Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
       [3-D frame] and paper template.

    作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1120783.jpg
    Skin flaps formed,
   anterior skin flap of the lobule,
   posterior skin flap of the lobule,
   mastoid skin flap,
Almost remnant ear cartilage removed
      except anti-tragus, incisula inter tragica and tragus.
   Skin pocket created.

   皮弁形成を行った。  
      耳垂前面皮弁、
      耳垂後面皮弁、
      乳突洞部皮弁。
   耳珠、珠間切痕、対珠を除くすべての遺残耳介軟骨を摘出した。

P1120784.jpg
    3-D frame is grafted
      under the skin pocket
       and reconstructed auricle.

    3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。

P1120785.jpg
    At the end of the 1st-stage operation
       with Bolster fixation sutures.

    ボルスター縫合固定を行って手術終了。
Nagata Microtia and Reconstructive Plastic Surgery Clinic
Satoru Nagata, M.D., Ph.D.   16/August/2016
1st-stage operation for lobule type microtia

永田小耳症形成外科クリニック・永田 悟・2016年8月16日
耳垂残存型小耳症の肋軟骨移植


P1120772.jpg
   Preoperative appearance
       of lobule type microtia
          and accessory ear.

   耳垂残存型小耳症と副耳の術前。

P1120773.jpg
   Determine the proper anatomical location
       with transparent film template.

   透明フイルムに印刷した本人サイズの設計図を用いて
      耳介の正常な場所と大きさを設計する。

P1120774.jpg
   The outline for the 1st-stage operation.
  
   肋軟骨移植術の手術デザイン。

P1120775.jpg
   Fabricated 3-dimensional costal cartilage frame
       [3-D frame] and paper template.

   作成した3次元肋軟骨フレームと紙型。

P1120776.jpg
   Skin flaps formed,
     anterior skin flap of the lobule,
     posterior skin flap of the lobule,
     mastoid skin flap,
     tragus skin flap.
   All remnant ear cartilage removed.
   Skin pocket created.
 
    皮弁形成を行った。
      耳垂前面皮弁、
      耳垂後面皮弁、
      乳突洞部皮弁、
    すべての遺残耳介軟骨を摘出した。
    皮下ポケットを作成した。

P1120777.jpg
     3-D frame is grafted
        under the skin pocket
         and reconstructed auricle.
   Accessory ear removed.

     3次元肋軟骨フレームを皮下ポケットへ移植して再建した耳介。
     副耳を切除した。

P1120778.jpg
    At the end of the 1st-stage operation
          with Bolster fixation sutures.

    ボルスター縫合固定を行って手術終了。